初音ミク

2009年05月30日

みくせん 店頭販売になったら・・・

10933462.jpg初音ミクのネギ入りえびせんが、楽天・アマゾンで通販販売され、第1次は1,000個完売、第2次は500個だが、すぐ完売するでしょう。

店頭販売も検討中とかで、どこで売られるのかな(笑)

ボーカロイドのキャラクターが、食品になるなんて凄い!!

初音ミクとネギの関係はあえて語らないにしても、夢が叶って良かった良かった(笑)

先日、タクシーから降りた時、ケータイ電話を道に落とし、無事、警察に届けられていて戻ってきましたが(感謝)そのケータイは初音ミク着せ替え、キーホルダーは長ネギを持ったはちゅねみく。拾った人は、なんじゃこれ、でしょうけど・・・不死身のミクchanが守ってくれたのかもしれませんべぇ(笑)

名曲「メルト」の切なさ、わかりますか?

ネギずっぱい恋愛(笑)

まだまだ初音ミクは、世の中を騒がせそうですね(笑)

実はうちの長女の名前が「みく」。初音ミクブームのない時代ですから先取りですかね(笑)この間、休日診療をやっている西九条の病院に行ったら、「今日で5人目のみくちゃんね〜」と言われたので・・・今、この名前、多いのかなぁ・・・

「みくみくにしてあげる♪」トランスフルバージョン

初音ミクが歌う「神田川」(かぐや姫) with MikuMikuDance

2009年02月28日

『桜ノ雨』の現象学

c54e197e.jpg今春の卒業ソングとして全国80校以上で歌われるといわれている『桜ノ雨』。昨年2月、初音ミクが初めてニコニコ動画で歌い、そしてその制作者のミュージシャン『absorb』が11月にCDをリリース、シーズンが近づくにつれ『桜ノ雨』は今のコが卒ソンとして最も歌いたい曲として盛り上がっていった。
ミュージシャンとしては、『初音ミク+ニコニコ動画』という新しい場ができていることは確かで、いい曲であれば特に大きな苦労をしなくてもメジャーデビューできるチャンスが増えたというわけだ。

absorb(アブソープ)は自分たちの曲を単に初音ミクに歌わせたのではない。「たまには女の子の声が似合う曲を」とミクを意識して作っているところがヒットにつながっている理由だと思う。absorbが初音ミクを媒介にした時点で自然とマーケティング回路ができたのだと思う。ミクを媒介にすることで客観的な曲作りができたのではないかと思う。

不思議なことに、absorb自身が上手に歌っている『桜ノ雨』と初音ミクが舌たらずに歌っている『桜ノ雨』を聞き比べたがジンとくるのは初音ミクが歌っている雰囲気なのだ。

それぞれの場所へ旅たっても
友達だ 聞くまでもないじゃん


の出だしはもちろん、『僕ら』という主語を初音ミクが発語する時、不思議な感覚におそわれるのだ。

彼女の声はなんなんだろう。彼女は誰なんだろう。短くいえば『主語がなくなった時代のカ細い主語の凝縮』。カフカの小説『断食芸人』が最後ヒモくらいにまで痩せた時の蚊のなくような声に近いものがある。『主語がなくなった時代の最後の主語』みたいなものか。

『ニコニコ動画』上で流れる矢のようなコメント群、あるいは2chの祭りの時のコメント群。これらがモノ凄く元気なのは主語から解放されているからだ。このハイスピードの時代、主語をまとっているとメッセージしにくいのだ。

極端なことを言うと、アメリカのオバマ大統領が『I』や『We』を発語できるのはアメリカの経済はまだ牧歌的なものを残しているからだ。日本の経済下では『私』『私達』はハイスピードの流れの中で成立しない。次から次へと首相が変わり、『私は〜』と語るやいなや吹き飛ばされてしまう勢いだ。民主党もしかりだ。もともと主語を重視しない日本語ではあるが、最近では主語をともなっての意味性のあるメッセージはますます成立しづらくなっている状況にある。

『桜ノ雨』に戻るが、何故この歌が『今』の気分を醸し出しているかというと、ほとんど外に開かれていない、開けない気分だからだ。

いつかまた大きな花弁を咲かせ
僕らはここで逢おう


また、戻ってくることを誓っている。そして、校庭・下駄箱・廊下・屋上・制服・落書き・教室の窓に執着しつつ、外の世界は絶望とまではいわなくても諦めの世界のような雰囲気が漂っている。この歌の中に『希望』という言葉は一度も出てこない。『ゆめ』は出てくるが『ひとひら』なのだ。

『桜ノ雨』とは何のメタファーなのか。

卒業する悲しい心象の雨であるとともに、落ち行くはかない世界そのものともいえる。

世界ははかない雨模様。ただ救いは『僕らは一人じゃない』ことと『僕らみたいに青く青く晴れ渡る空』は見えることだ。しかし積極的に出て行く場所ではない。

出会いのための別れと信じて 手を振り返そう
忘れないで いつかまた大きな花弁を咲かせ
僕らはここで逢おう


外に向いているベクトルと内に向いているベクトル。強さで言うと内に向いているベクトルの方が強い。そしてそれは何も学生達に限ったことではない。社会人だってそういう傾向にある。

そういう時代気分をボーカロイド(初音ミク)が歌う時。なんともいえないもの悲しさが漂う。

ネットからのヒット曲。これからもますます増えるだろう。『桜ノ雨』はまだその序章でしかすぎないと思いまふ。

2009年02月26日

初音ミクの『メルト』がメジャーリリース

6a217878.jpgCNETブログあたりに、初音ミクのことを書くと非常に冷たい反応がありますね(笑)Web2.0の現実系体現者が初音ミクであるにもかかわらず、もうオタクの世界だと片づけてしまう。初音ミクの衣装がヤマハのDX7系の美しいデザインだなんて、どうでもいいのでしょう(笑)

ニコニコ動画でおこってることは、地球のマグマに似ています。彼らの方が確実に熱いのです。ネット産業なんて地表面でしかないのかもね、です。

ところで、初音ミク・ヒット曲の中でも『みくみくにしてあげる♪』の次に並ぶのが『メルト』。iPodに入れて聞いたりしてますが(笑)SONY系からメジャーリリースされるとのことで、まだまだ初音ミクの威力は伸びていきそうでやんよ(笑)

メルトは、恋する女の子の気持ちを可愛く歌った歌だが、主語が初音ミクなので、意味コードがガラリと変わってしまう。ボーカロイド(アンドロイド)が人の気持ちを持った時、たいがいは悲劇が生じてしまう。この歌では可愛いままで終わっているが、ミクがメルトして、可愛そうとなってしまうのだ(笑)

メルト 溶けてしまいそう
好きだなんて 絶対にいえない… だけど
メルト 目も合わせられない
恋に恋なんてしないわ わたし
だって 君のことが …好きなの

メルト 駅に着いてしまう…
もう会えない 近くて 遠いよ だから
メルト 手をつないで歩きたい!
もうバイバイしなくちゃいけないの?
今すぐ わたしを抱きしめて!
…なんてね


初音ミクは、ネットに舞い降り、地上に舞い降りた天使ではなく、女の子にまで降りている。

現実のアイドルで純粋系など皆無の今、初音ミクに純なものを求めて、可愛いとみんな表現するのはよくわかりそうな気がする。

朝 目が覚めて
真っ先に思い浮かぶ 君のこと
思い切って 前髪を切った
「どうしたの?」って 聞かれたくて


ある意味、深さはケータイ小説のようなものだが、やはり主語が違うのだ。そしてその主語はみんなが作り上げた主語でもあるから余計に可愛く思えてしまう。初音ミクは自分とつながっている主語でもあるのだ。

アニメ版では、好きとは言えず、『す……すっぱいネギはいやだよね』と言ってしまう初音ミク。

この世界は、自己組織化されたストーリーで展開して完成化している。

みんなが作り上げた主語。これがこれから何を語り出すかが本当に楽しみだ。




tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
月別マーケティング