AKB48特集

2018年03月05日

アイドルとメディアの関係 2018

images
1年以上、ブログを書かなかったが、書くネタがなかったわけではない(笑)トランプが大統領になって、いよいよ世界の構図も今までとはまったく違うものになっていくなと半場呆れ、半場感心しているうちに、発信する意味を見失っていた。また、吉本隆明など芯のあるご意見番がいなくなって、継続性のあるテーマについて考える機会も随分減ったように思う。
そうこうするうちに2018年になって、見える景色は、あいかわらず地上波TVを基軸とした世界だ。YouTuberですら最後はTVに取り込まれ、ヒカキンですらダウンタウンのはしご酒でTV仕様で陽気に振る舞っている。要はどんなメディア構造になっても、お金が集まって、そのお金を最終的に増幅させる起爆剤がTVCMである限り、そこに登場するのがひとつの最終形であることは昔も今も変わりないからだ。

48グループと46グループの違いをちゃんと語れる人は少ないと思うので整理のためにあらためて書いておく。48グループは、小劇場のような立ち位置で「会いにいけるアイドル」をコンセプトとして、マスメディアから敢えて遠いところからはじめたが、SNSもまだ黎明期で採算がとれるほどのヒットをつくることができなかった。当初48グループはソニーグループの会社からメジャーデビューしたが、思うような数字はとれず、ソニーグループの会社から契約をうちきられる。そしてなんとかキングレコードにつないでから、CMタイアップと握手会の強化で、オリコン一位を獲得し、記録を塗り替えるような快進撃を続ける。それを見ていたソニーミュージックは、大きな獲物を逃したと悔しがり、もう一度、秋元康に48グループのようなものをプロデュースしてくれと懇願する。その時、動いたお金は知る由もないが、48グループで得た経験、比較的安い地上波深夜枠を軸にして46グループが結成された。劇場もなく、コアな観客もいない46グループはダンスもヘタだし、歌唱力もあるわけではないが、地上波深夜枠を継続しているうち、確実にファンを増やし続け、乃木坂だけでなく欅坂も深夜枠で番組をもち、陰でダークな特色あるグループとして目立った存在へと急成長していった。48グループは初期コンセプトを引きずっている分だけ、吹っ切れ無さがあり、NHKのBS枠に甘えたところもあってどんどん失速していった。NMBの渡辺美優紀の卒業の仕方と後の振る舞いを見ているとわかるが、メジャーな華やかさがない。吉本との契約、辞めた後2年間は芸能活動禁止の中もがきにもがき、もうアイドル生命を失っている。
AKBがNHKのBS枠に甘んじ失速していったことを書いたが、AKBとほぼ同時期活動していた、アイドリング!!!もフジテレビがプロデュースしていたものの、レギュラー番組はCS枠でありこちらは何のブームも形成せず解散した。

純なアイドルグループではないが、面白いのは恵比寿マスカッツだ。彼女らは地上波深夜枠を持ちながら、葵つかさと松本潤の関係が度を過ぎ、地上波を追い出され、abemaTVで自由奔放にやってるが、行き着く先がまったく見えていない(笑)マッコイさんの演出がもう古いのかもしれないが・・・

今のことだから、ネットやSNSは欠かせないないが、メディア(TV)の基点が、地上波なのか、BSなのか、CSなのかでアイドル生命は随分と変わる。地上波組はまぁ、それだけお金をかけてるということだが・・・

今となっては「アキバ系アイドル」とは懐かしい響きで、新しいメディアとともに成長するアイドルを想像させたが、夢物語に終わりそうだ。

過去振り返っても、各時代、基点となっているのは地上波レギュラーを持っていたアイドル達だ。ASAYANのモーニング娘。SMAP・嵐の各番組、8時だよ!全員集合のキャンディーズ、仮面ライダー・スーパー戦隊シリーズ、金八先生シリーズの各アイドルたち

ただ、地上波利用といっても、その番組内容は長期的な関係づくりを目指したものであり、そこは今のコミュニケーションマーケティングやサブスクリプションモデル的な要素が盛られている。特にこれだけ、人数過多、多様なアイドルが出てくると、アイドルに対して独占欲や所有欲という気持ちは薄れ、きっかけ利用、きっかけ体験みたいなことが重視されているような気がする。

例えば、モデルの大友花恋が気に入ったとする。テレビ東京のドラマ「電影少女 2018」を見るが、一話早いアマゾンプライムの先行配信も見ながら、ネットの世界につながっていき、研音の本人直筆サイン入りカレンダー(4月はじまり)予約までつながっていったりする。これはかなり考えられた動線であり、ドラマをいち早く見ながら、発注があったら名前も明記した本人サインのカレンダーが手に入るという新しい体験を味わえる。いずれにしてもネットとの連動は必須だ。地上波>BS>CSという母数・リーチの違いは無視できないが・・・

そして、見逃しがちだが、いまどき友情出演(トドメのキス)の体をとって「さよならエレジー」をジワジワ売り込む菅田将暉のやり口も素晴らしい(笑)ドラマが進行し何回も聞かされているうちに、いい歌に聞こえてくるから不思議だ。久々ブログはこれくらいにしておく(笑)

marketing0 at 14:02コメント(0) この記事をクリップ!

2015年11月16日

ギターの似合う女-山本彩 論

20151110_105323


先日TVで、できたてほやほやのNGT48が「ヘビーローテーション」を披露していたが、北陸・東北ラインのメンバーを取り入れたこのグループにも今までと色合いの違うオーラを発している娘が数人いて、新潟という場所でメジャーアイドルがどう育つのか楽しみだなと思った。そして、まだ3.11の洗礼を受ける前、2011年の新年から3月の間にNMB48の劇場公演を見に行ってた頃が懐かしくなった。大阪も大都市でありながらメジャーアイドルが育ったことがないだけに、NMB48の公演のパフォーマンスは最初から崖っぷちの必死さが漂っていた。

NMB48劇場は最新の音響システムを採用しており、どの席に座ってもほぼ同じ反響で音が体感できる素晴らしいものだった。AKBと比べてかなり恵まれている環境ではあったが、メンバーの方に余裕がなく、ピリピリとして緊張感が伝わってくる。しかし初公演のA-3rd「誰かのために」の1曲目「月見草」が終わる頃には、圧倒され動けない自分がいた。今まで前衛的な舞台やダンス系のレイブにも割合参加していた自分だったが、渡辺美優紀と山本彩、このツートップのダンスはただものではない、それを一番前で目撃してしまったのだ。その後、目はこの二人を追うことになった。渡辺美優紀はどちらかというと天才肌、与えられた振りに自分なりの色をつけて大きくみせていた。一方、山本彩は指先からつま先まで全神経が行き届いていて練習量が半端ないという印象を受けた。また「BIRD」では、ヴォーカルの魅力にもやられ、山本彩は今までのアイドル系譜でもどこにも属さない稀有な存在なのかもと思い始めた。

公演後のハイタッチの時、山本彩はラストにいたので、また握手会と違って特に“剥がし”もいないので、山本彩とちょっとだけ喋れたのは幸運だった。「ありがとうございます!!頑張ります!!」と言いながら彼女は目をそらさない。キラキラした目で真剣に対峙してくる。NMB48に入る前、中学生時代に既にソニーと契約して「MAD CATZ」でギターとヴォーカルを担当してメジャデビューしていた経験を持つ彼女だからプロ意識は当然、他のメンバーよりは持っているとも言えるが、そういう貫禄のようなものではなく、すべてまっさらで頑張りたい強い意志のようなものを感じた。未だに「ありがとうございます!!頑張ります!!」の声音が印象的で耳から離れないのは、そんな魂のこもった「ありがとうございます!!頑張ります!!」を聞いたことがなかったからだと思う。

Guitar magazine 2015.10月号に横山健とギターについて対談しているが、NMBに入ってしばらくギターを弾いていない時期があったと語っている。AKBの生バンド「GIVE ME FIVE!」の時も山本彩はギターが上手すぎるので外されている。山本彩は、コントで何回も演じているが、大阪アイドルの姿を真剣に模索していた時期と重なるのではないかと思う。忙しいということもあるが、あえてギターを握っていなかった。しかも本人は器用すぎるので、漫才でもツッコミ役を見事に演じ、バラエティ番組でもキレのあるセンスを全開に頑張っていた。しかし、キャプテンでもある山本彩が思っている以上に、他のメンバーのブロ意識が薄かった。ツートップと言われ、渡辺美優紀と絶妙のコンビと見られていたが、渡辺美優紀は2度の不祥事でNMBの推進力を弱めた。山本にいちばんなついていた次世代センターと言われていた城恵理子まで一度は脱退してしまう。そうこうするうちに2期生、3期生でアイドルらしい矢倉楓子、渋谷凪咲、谷川愛梨、村瀬紗英、加藤夕夏、太田夢莉が揃い、薮下柊がセンターを務めるまでなると、NMBのカラーはガラッと変わっていった。山本teamNは健在だが、今、山本彩は自分の役割をみつめ卒業も視野に入れ始めている。

そこで、最愛のパートナー、裏切らないパートナー、と見渡した時に、ギターが再び目に入る。Guitar magazine 2015.10月号で「やればやった分だけ結果が付いてきてくれるのがギターの魅力だと思う。」「自分とギターだけあれば音楽を奏でられるというのはすごく素晴らしいと思います。」と語っているのは無意識であっても意味深だ。今までチームのために、グループのためにを一番に考えていた山本彩が再び個と向き合っている。メンバーにギターを教えている面もあるとはいえ、山本彩はギターと歌で何かを表現したいと強く思っている。

2015年3月「UTAGE! 春の祭典 2時間スペシャル」でなんと山本彩はChageから指名されて「終章」をギター生演奏で披露した。アスカのことでいろいろあって疲れ果てたChageは自分の原点曲を新しい世代の山本彩に弾かせて、奮起しようと期待した企画だった。「21年間でいちばん緊張した」とTwitterでつぶやいた山本彩だったが、この生演奏は自分の原点探しのきっかけにもなったのではないかと思う。

これ以来、山本彩が人前でギターを披露する機会が増えている。そして、楽曲としてはAKB48となっているが、実質、山本彩が歌っている NHK連続ドラマ あさが来たの主題歌「365日の紙飛行機」へと至る。またAKB48ショーではアコースティックギターで5分間「365日の紙飛行機」を熱唱した。

アイドルを全うしようとした山本彩も素晴らしかったが、ギターを再び握りはじめた山本彩はもっと素晴らしい。愛用ギターがPaul Read Smith SE Oriantiというのも可愛い。ポジションマークの鳥のように、山本彩が本当の自分を自由に羽ばたかさせる日は近いと思う。

2014年12月03日

AKB48新解釈学 希望的リフレインは、希望的リフレになりうるか?

AKB48の楽曲にひさびさ強い四つ打ちのビートが戻ってきた。ちょうど4年前、「AKB48は何をメッセージしようとしているのか?」で日経エンタテインメントの図を引用したように、自分にとってAKB48の最大の魅力は、アイドルグループであるにもかかわらず、ダンスビート、中でもシカゴハウスの流れをくむ四つ打ちビートを多用してることと書いてきた。
nzKXn

カラオケ狙いの「ヘビーローテーション」のようなロックビート、東日本大震災以降のややビートを抑え気味の曲が続いたことは仕方ないにしても、劇場原点のAKB48の歴代アイドルの中での固有のポジションは、やはり世界の音楽史の中で人間の無意識の扉を開く、四つ打ちを基本にした強いダンスビートなのだと思う。
38枚目シングル「希望的リフレイン」のミュージックビデオは、AKB48歴代センターのリレーで構成され、その“受け継がれ”が話題になっているが、その前に、この曲のビート自身が、シカゴハウス→アシッドハウス→インドゴアで磨かれたサイケデリックトランス→スペインイビザ島を経由して、ヨーロッパに渡り、セカンド・サマー・オブ・ラブのテクノビートにも定着、それが日本のアイドルサウンドで再現されているところが本当に驚異なのだ。レトロなディスコティックサウンドを再現し、サカナクションと同じく「ファ」の音を削ぎ落したオシャレ感漂う「恋するフォーチュンクッキー」もそれなりに魅力的だが、AKB48らしさがぷんぷんするのは、「大声ダイヤモンド」「言い訳Maybe」「ポニーテールとシュシュ」などの青春シリーズで、ライブではかなり脳がやられてしまう強いビートのものだと思う。

そして、今回の「希望的リフレイン」がAKB48にとって重要な意味を持つのは、選抜メンバーにかつてないほど、次世代メンバーが起用されていることだ。まゆゆ(渡辺麻友)とともにWセンターとなっているHKTの宮脇咲良や兒玉遥、こじまこ(小嶋真子)、なーにゃ(大和田南那)、高橋朱里、田野優花、武藤十夢、白間美瑠などが入り、TVでは三銃士、岡田奈々、西野美姫なども入り、旧メンバーを圧倒している。HKT48は、らぶたん(多田愛佳)、かのん(木本花音)なども移籍・兼任してかなり見ばえのするものとなっており、松岡菜摘、田島芽瑠など個性派もいて、48グループ中でも新潮流の息吹を感じるものとなっており、そのセンタークラスの宮脇咲良、兒玉遥の二人が「希望的リフレイン」に参加するだけで、全体的にフレッシュな印象が強くなっている。逆にトラブル続きのみるきー(渡辺美優紀)や体調不安の松井珠理奈などは色あせて見え、ぱるる(島崎遥香)、あんにん(入山杏奈)、川栄李奈、木崎ゆりああたりがいれば、高橋みなみや小嶋陽菜はもういいんじゃないかとまで見えてしまう。

それで、まゆゆ(渡辺麻友)よりも光っている実質センター、知性派の宮脇咲良がNHKのAKB48 SHOWで語っていたように、「希望的リフレイン」のミュージックビデオは、上に書いてきたことを証明するかのように、アイドルの本質を浮き彫りにしている。高橋みなみ→前田敦子→大島優子+板野友美→と金のマイクが入ったカバンがリレーされていくが、アイドルに絶対性がないことがこの映像によって、感じさせられる。前田敦子がAKB48のエースであった時は、その時の時代の気分とセットであって、時代が変われば、エースは次々と変遷していくもの。アイドルに絶対性はなく、時代とともに意味性が変わってアイドルは相対的な点として変容していく。あの絶対的エースと呼ばれた前田敦子ですら、この映像の中では、もう別のメタファーとしてしか映らなくなっている。



アイドルも関係性だけが疾走していく。ロランバルト風に言えば、アイドルという主体に意味はなく、関係性から巻き起こるその時の風に意味がある。

あと、上に書いたメンバーの中で、多田愛佳、松岡菜摘、木本花音のHKT組がAKB48 SHOWで意味深なコント(金のスマホ)を演じていたので、最後に書いておく。

25

まず多田愛佳が池にスマホを落とす。池の中からは神様が出てきて、イソップ童話の「金の斧・銀の斧」のように、落としたのは、この金のスマホかと問う。神様は正直者の多田愛佳に金のスマホをしきりに渡そうとするが、多田愛佳は金とかゴールドとか、そんなスマホより自分のスマホを返して欲しいと神様を罵倒する(笑) そして第2話では、ガラケーしか持っていない木本花音がスマホ欲しさに、わざと池に投げ、神様があなたの落としたのは金のスマホですか?と問い、そうですと嘘を言って、神様から罵倒され、金のスマホを手に入れることができないが、ガラケーも水没して、友達が一人もいなくなって、一生みじめに一人で暮らすことになったらどうしてくれるの?と神様に詰めより、神様がおれて、金のスマホを渡すことになる。

かのん

このコント「金のスマホ」の第1話では、道徳的価値<金銭的価値<情報価値 が示され、第2話では情報価値そのものが社会的価値であることが示され、関係価値(ネットワーク価値)そのものが絶対的なものとして示される。



「希望的リフレイン」のMVにしても「金のスマホ」のコントにしても、関係価値(ネットワーク価値)を強調している。これはいかんともしがたいほど新しい。新世代によって再生をはたしたAKB48グループはまだまだ前に進みそうな雰囲気だ。





↓snafkin7のAKB48・SKE48・NMB48関連記事↓

AKB48 SHOWについて
セーラーゾンビ 最終話
ソーシャルに突き抜けた 恋するフォーチュンクッキー
マジすか学園3、プリズンである意味
マジすか学園3、今度のマジすかは「プリズン」らしい
第4回 AKB48総選挙 予想
第4回 AKB48総選挙 結果
アイドルは、今、何故グループなのか? PART2
ぐるぐるカーテンの時代と世界観
AKB48生バンドと乃木坂46ぐるぐるカーテンと私
乃木坂46「会いたかったかもしれない」について
乃木坂46キャラバンで時代が見えてしまったこと
AKB48への別照射論-ライブドアショックとの関係
EXILE魂のAKB48 2週連続特集を見て
ブルマ公演やっちゃいましたの構造を解く
NMB48オリコン1位(デイリー)で思うこと
AKB48 備忘録
第2回じゃんけん大会 大阪予選の結果を見て
マジすか学園2のストーリー破綻は
AKB48のストーリー破綻につながる

乃木坂46は失敗する-フラクタルの視点から
江口愛実プロモーションは何が狂ったのか?
江口愛実の解釈学
ここにいたこと-少女たちよ
前田敦子の超越論的現象学
ブルマ公演も見てみたいんだけどね
自己組織化しはじめているNMB48
AKB原論-微積分マーケティングの勝利
AKB48は何をメッセージしようとしているのか?
アイドルは、今、何故グループなのか?
ブログ1日100回更新した「指原クオリティー」を考える
指原ブログ、24時間で200回更新、すごっ。
プロ顔負けのCM企画力(グリコBREO)・NMB48
あなたは何の「目撃者」でしたか?
AKB48総論 - キャズムを越えたアイドルたち
16歳の渡辺麻友が経済誌で語っていたこと
記号の森のAKB48
AKB48はネット社会でなぜ支持されるか?
世界の中心は秋葉原という物語は1995年から始まった。
「ネ申言舌イヒ」の遊び
気がつけば、ネットワークはなくなっていた
カシアス島田について
マジジョテッペンブルースで見たもの
NMB48の渡辺美優紀(みるきー)について
さしこのくせに メモ
宮崎大サーカスにテレビの可能性を見た
劇場という衝撃-幻の一曲(ライダー)にAKB48の原点を見た
生放送をこなすか、こなさないか
マスメディアの波長を変えるAKB48
アイドルの究極系-渡り廊下走り隊-MUSIC FAIR
関係の絶対性を歌った「Answer」-no3b
桜からの手紙-提供クレジットの新手法
「誰かのために」は今効くメッセージ
AKB48の桜が意味するもの
「最下層アイドル。大堀恵」はマーケティング本だ
AKB48論のまとめ集
マジすか学園2でマジに再スタートしていく
マジすか学園2の風景は心の現実かも
まゆゆという記号を体系づける写真集
AKB48の人気指数読み解く…仕事みたいに(笑)
第3回AKB48総選挙の意味
第3回AKB48総選挙 結果



tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
月別マーケティング