2014年07月20日

セーラーゾンビ 最終話

oowada

放映中にAKB48握手会のノコギリ事件があり、一時放送中止となった「セーラーゾンビ」だったが、全12話が放映された。途中、ストーリー的に中だるみがあったが、最終話はB級ドラマの匂いをぷんぷんさせながらもなかなか感動的な結末だった。あの懐かしい気分、空席の多い映画館でB級映画を真昼間見ながら、こんな映画、誰も真剣に見ないだろうなと思いながらも、この映像には後々意味深になる要素が含まれていて、これを見ている自分はなんだか得している気分〜あるいは目的もなく異国に行って、今動いている日本の時間がどうでもいいよになるよな気分〜そういう不思議な空気感が「セーラーゾンビ」の最終話に詰まっている。

乾舞子(17歳)を演じるAKB15期生の大和田南那(なーにゃ 14歳)。総選挙では圏外だったのは意外だったが、間違いなくAKBグループの中では、歴代も含めて、いちばんアイドルの気質と美貌をそなえている。最終話では舞子のデビュー曲「最初の愛の物語」をゾンビの前で初披露することになるのだが、このライブシーンは何ものにも変えられない崇高な時間となっている。音楽が鳴って踊っている限りはゾンビは襲ってこない。秋月百花(川栄李奈)が疲れた素振りを見せるが、乾舞子(大和田南那)は「私は大丈夫、いくらでも歌えるから」と、たとえ観客がゾンビでも天真爛漫にライブを続ける。そして、これは死ぬまで歌う覚悟なのだ。(実際の大和田南那は歌手になることを諦めているだけに逆に面白い)

このシーンで浮き彫りにされているのは、世代的な時差だ。「マジすか学園」で主役をやった、前田敦子・島崎遥香は画面の裏に、ミルクプラネットの渡辺麻友は夢の中に、川栄李奈は隣にいるが、大和田南那は、それらを全部超えて、新しい空気を吸っている。本人が諦めている歌手はもういいが、他のグループのアイドルや俳優の同世代と共演して、学園もの、青春もの、恋愛ものの映画やドラマで新しい道を歩く可能性を充分秘めている。NHKの朝の連ドラでもいい。AKBそのものは解体しているようなものだから、卒業云々の道を歩まなくても自由に振る舞って欲しい願望がある。但し、昼ドラで期待をかけたNMB48の城恵理子がイマイチな演技で、ああいうやってはいけない失敗はあるが、大和田南那の場合は、センスという面ではかなり恵まれたものがあるような気がするので失敗はないだろう。

今回の「セーラーゾンビ」は秋元康氏は監修だけにとどまり、企画・演出・脚本が犬童一心氏が手がけているのも良かったのかもしれない。ゾンビパロディとしてはとても良くできていて、ライトに笑えるシーンも数多かった。
最初の愛の物語
叶わぬことで永遠に続く
告白してもしなくても
ずっとずっと想い出の中

秋元康氏の作詞も大和田南那を通して、初心に戻っている。

OOWADA2



無料動画 セーラーゾンビ・最終話
http://www.doramadougas.com/sailor-zombie/sailor-zombie-12/









↓snafkin7のAKB48・SKE48・NMB48関連記事↓

AKB48新論 希望的リフレインは希望的リフレになりうるか?
AKB48 SHOWについて
ソーシャルに突き抜けた 恋するフォーチュンクッキー
マジすか学園3、プリズンである意味
マジすか学園3、今度のマジすかは「プリズン」らしい
第4回 AKB48総選挙 予想
第4回 AKB48総選挙 結果
アイドルは、今、何故グループなのか? PART2
ぐるぐるカーテンの時代と世界観
AKB48生バンドと乃木坂46ぐるぐるカーテンと私
乃木坂46「会いたかったかもしれない」について
乃木坂46キャラバンで時代が見えてしまったこと
AKB48への別照射論-ライブドアショックとの関係
EXILE魂のAKB48 2週連続特集を見て
ブルマ公演やっちゃいましたの構造を解く
NMB48オリコン1位(デイリー)で思うこと
AKB48 備忘録
第2回じゃんけん大会 大阪予選の結果を見て
マジすか学園2のストーリー破綻は
AKB48のストーリー破綻につながる

乃木坂46は失敗する-フラクタルの視点から
江口愛実プロモーションは何が狂ったのか?
江口愛実の解釈学
ここにいたこと-少女たちよ
前田敦子の超越論的現象学
ブルマ公演も見てみたいんだけどね
自己組織化しはじめているNMB48
AKB原論-微積分マーケティングの勝利
AKB48は何をメッセージしようとしているのか?
アイドルは、今、何故グループなのか?
ブログ1日100回更新した「指原クオリティー」を考える
指原ブログ、24時間で200回更新、すごっ。
プロ顔負けのCM企画力(グリコBREO)・NMB48
あなたは何の「目撃者」でしたか?
AKB48総論 - キャズムを越えたアイドルたち
16歳の渡辺麻友が経済誌で語っていたこと
記号の森のAKB48
AKB48はネット社会でなぜ支持されるか?
世界の中心は秋葉原という物語は1995年から始まった。
「ネ申言舌イヒ」の遊び
気がつけば、ネットワークはなくなっていた
カシアス島田について
マジジョテッペンブルースで見たもの
NMB48の渡辺美優紀(みるきー)について
さしこのくせに メモ
宮崎大サーカスにテレビの可能性を見た
劇場という衝撃-幻の一曲(ライダー)にAKB48の原点を見た
生放送をこなすか、こなさないか
マスメディアの波長を変えるAKB48
アイドルの究極系-渡り廊下走り隊-MUSIC FAIR
関係の絶対性を歌った「Answer」-no3b
桜からの手紙-提供クレジットの新手法
「誰かのために」は今効くメッセージ
AKB48の桜が意味するもの
「最下層アイドル。大堀恵」はマーケティング本だ
AKB48論のまとめ集
マジすか学園2でマジに再スタートしていく
マジすか学園2の風景は心の現実かも
まゆゆという記号を体系づける写真集
AKB48の人気指数読み解く…仕事みたいに(笑)
第3回AKB48総選挙の意味
第3回AKB48総選挙 結果



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング