2012年10月28日

ロングバケーション〜FBのつぶやきより

キムタクの月九主演に連動して、夕方再放送されてるので録画している。当時は放送時間帯、街からOLが消えたといわれるほど30%近い視聴率をあげた恋愛ドラマ。以前、早稲田の岡室教授のこのドラマの指摘に影響されて、ネットと恋愛ドラマの衰退をブログに買いたが、改めて見ると、このドラマは、いま見ても面白いというか、ネット洗脳された今でも、ツッコミどころがないことに気づいた。1996年4月、確かにこのドラマがスタートした時に、Yahoo!JAPANがOPENし、インターネット株取引が日本初スタート。確かに、ロングバケーションがネット洗礼を受ける前の最後の恋愛ドラマであることは確かだが、それよりもその当時の時代の停滞感にガッツリはまった作品だったことがわかる。阪神大震災、オウム事件、O157などのショックにより、いろいろ考えさせられている時期。何事もうまくいかない主人公たちは、特にキムタクと山口智子はお互いの生き方にツッコミをいれながらボケたりおどけたりしている。それはネットで熟成される後の激しいツッコミにも耐えれるレベルのものだ。ロングバケーションは、誰もが感情移入できる恋愛ドラマであったから人気だったのではなく、フツーの恋愛を主人公たちが揶揄、壊しにかかっている、解体している、という意味で新鮮だったのではないかと思えるところがある。結婚相手に逃げられた山口智子の恋愛、純愛に近い芸大の後輩とのキムタクの恋愛、それらが成就せず、キムタク-山口智子との新しい共鳴が生じる。ドラマでは、この関係が成立することで物語となっていくが、このドラマはフツーの恋愛が解体していることを示した恋愛ドラマとして象徴的なドラマなのではないかと思う。その後、私たちは携帯電話、インターネットという面白いオモチャを手に入れて、お茶を濁すような楽しい毎日を過ごせるようになった。そして時々、あらゆるものが壊れていることを思い出しては、刹那的に寂しくなるが、そんなところで立ち止まっていては前を向けないということで、より楽しいスマートフォンにまで手を出してしまった(笑)しかし、やりきれなさはロングバケーションの頃とあまり変わっていないことも確かだ。感情的なロングバケーションはまだまだ終わっていない。2012年の今もこのドラマを見て、面白いと思えるのはそのためなのかなと思う。

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by ソフトバンク東海通   2012年10月28日 21:40
こんにちは、ソフトバンク東海通です。
携帯について、大変ためになる記事を書かれていますね。
今後とも、勉強させていただきたいと思いますので、
よろしくお願いします。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング