2006年07月25日

スミノフアイスの不思議

8ca6fc60.gif最近、コンビニで、はまってるものの中で、スミノフアイスがあります。レモン味の方は無果汁でいただけないですが、果汁入りのグレープフルーツ味の方は、1本230円くらいしますが延々と飲み続けています(笑)というか家の冷蔵庫にいっぱい入ってます(笑)

そして、イギリスに行くと、このスミノフアイスのレモン味の方が、どこのパプにもあって、スーパーに行くと大陳列してあって、日本で見たこともない大瓶までありました。……思わず買いそうになったけど、同じ味だろうからとやめました(爆)

スミノフって、ウオッカだから、ロシアのものだと思ってたら、いろいろ経緯があるみたいです。

私の飲んでるスミノフアイスはもともと、1999年にイギリスで発売されて、大ヒットし、世界70カ国で発売されてて、日本では2003年から発売開始しされ、今いつも飲んでるグレープフルーツ味のスミノフアイスドライは、日本オリジナル発売で、そういうわけで、7イレブンとかでなんとなく最近目についてきたわけというわけです(笑)どうりで、イギリスではスミノフアイスドライはなかったわけですね(笑)

そしてこのスミノフ自身は不思議な歴史があります。
以下スミノフ紹介サイトから抜粋させていただきます。

『100年以上前、モスクワのスミノフ・ファミリーの蒸留所で造られていた「フォーミュラ21」は完成度の高いウォッカで、スミノフはロシア最大のウォッカ製造会社として君臨していたそうです。しかし、1917年に勃発したロシア革命により、スミノフは資産・工場を全て没収されてしまいました。その後、革命から逃れたスミノフ一族のひとり、「ウラジミール」は努力の末、1928年にパリ近郊でスミノフ蒸留所を再建しましたが、ワイン王国でのウォッカ・ビジネスはうまく行かず、1933年、禁酒法の終わった年からアメリカでウォッカ製造を始めたそうです。「スミノフ」の名を一躍有名にしたのは、当時の新カクテル「モスコー・ミュール」の大人気のパワーでした。スミノフにジンジャービアーをミックスしただけのシンプルなカクテルですが、これを銅製のジョッキで飲む新趣向のドリンキング・スタイルが若い世代を中心に大いに支持されたのだそうです。そして「スミノフでミュールを作れ」というフレーズとともに、スミノフはアメリカをはじめ世界中のドリンカー達の間で不動のものとなっていったようです。』

なのだそうです。こんな美味しいウオッカ工場を滅ぼしてしまう、ロシア革命って、やっぱり、最低の革命ですね(笑)だいたい、マルクスの『共産党宣言』の序に、ロシアや中国などの産業革命が未熟な場所で革命はやるべきではないと書いてあるのに、そういうところに限って共産革命が行われている、みんなマルクスの著書そのものなんぞ読まず、解説書や入門書を読んで革命を実行しているところが世界史の不思議なところでもあります(笑)

余談はさておき、ロシアからフランス、アメリカと製造地を変えて大成功、そして何故1999年にイギリスからスミノフアイスが発売されたのかはよくわかりませんが、何か、スミノフってロシアの不幸を一気に背負った酒であることは確かです(笑)そして、それをコンビニで日本オリジナルのものを飲んでいる私。それがイギリスに行って、スミノフだらけで、どうしたことかい!!と感動している私。なんかわかったようなわからない話ですよねぇ(笑)

関空の売店でも売ってて、しかし普通瓶で350円してました。

しかし、いつになったら、スミノフアイスドライが飽きる日が来るのでしょうか(笑)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング