2010年10月03日

AKB48総論 - キャズムを越えたアイドルたち

akb48このサイトに「AKB48+マーケティング」検索で訪れる方が多くなったので、ちゃんとまとめたものを書いておきたいと思います。
始めから核心にふれますが、AKB48の歌の中にマーケティングに関わる人が聴いたら、震撼するくらいしびれる素晴らしい曲があります。

その曲はAKB48が初めてオリコン1位(週間)をとった「RIVER」
2009年の11月のこと。

行く手 阻(はば)む River! River! River!
横たわる River!
運命の River! River! River!
試される River!

君の目の前に
川が流れる
広く 大きな川だ
暗く深くても
流れ速くても
怯えなくていい離れていても
そうだ 向こう岸はある
もっと 自分を信じろよ


この歌詞のタイトルは「RIVER」ですが、マーケティングの「CHASM・深い溝」に置き換えると、この歌にこめられた意味がよくわかってきます。

私の本業はコピーライターですが、新人教育のテキストに秋元康の本を使っていたことがありました。何故ならどんな広告関係本よりもコンセプトの作り方が明確で、うわべだけの表現より、まず何を伝えたいか、どう伝えたいか、どう仕上げるかがきっちり書かれているからでした。それと日本の場合、独自の広告理論など存在せず、すべて消化されていない輸入物。表現に関しては、糸井重里を別にして、教科書になるようなものはないからです。

その秋元康が作詞した「RIVER」。彼は2005年にAKB48を結成させ、2006年にメジャーデビューさせるも、なかなかランキングの1位をとれないことに苦しんでいただろうことが推測されます。

そこで勝負に出た。
秋元康のAKB48での役割で凄いのは、彼は歌詞でメンバーを励ましたり、生きる姿勢を教えていたりしていることです。AKB48の歌詞はAKB48自身の人生論のバイブルとなっているところが注目するところです。メンバーが必ず覚え、歌わなければならない歌詞に秋元康のメンバーへのメッセージが込められている。何回も歌ううちに、優しさや強さを学び、メンバーの血や肉となっていく。

秋元康は「RIVER」で、本当のメジャーアイドルになるための心得を熱く歌詞にしている。そして賢い秋元康は「CHASM・キャズム理論」ももちろん、頭に入っていて、一線を越えなければ本当の頂点に立てないことを知っていた。逆読みすれば、その「CHASM」をAKB48メンバーにわかりやすく理解させるために「RIVER」に置き換えたのではないかと思う。

「CHASM・キャズム」はハイテクの世界で考えられるものだが、TO(トップオタク)とマニアの間では絶大な支持を集めていたAKB48が、一般に普及しない壁にぶちあたっていた秋元康にとっては、その深い溝は人ごとではなかったように思う。

「RIVER」という曲にはキャッチコピーが存在する。
「向こう岸には夢がある」

明快ではないか。

君の心にも
川が流れる
汗と涙の川だ!
失敗してしまっても
流されてしまっても
やり直せばいい
弱音吐くなよ
夢にしがみつくんだ
願い 叶う日が来るまで

川を渡れ!
You can do it!


そして、この曲のはじまりに、何故、高橋みなみ(たかみな)が

AKB〜48!

と叫ぶ必要があるのか。

これは、まさにAKB48にとっての進軍曲だからだ。

迷いは捨てるんだ!
根性を見せろよ!
ためらうな!
今すぐ
一歩 踏み出せよ! Believe yourself!

前へ前へ!
まっすぐ進め!
川を渡れ!! Ho! Ho! Ho! Ho!


まず、メンバーの気持ちを鼓舞する必要があった。

さらに、ここからが重要だが
秋元康自身はこの「CHASM」「RIVER」をどう超えようとしたのか。
それは既に2009年6月に行われた「AKB48 13thシングル選抜総選挙」から姿勢として始まっていた。AKB48のプロデュースを秋元康前面からファン前面に切り替え始めた。

彼はこのプロデュースのチューニング換えによって、「CHASM」を越えを図り、AKB48という商品の性格をオタクとマニアのものから、一般ファンにも受け入れられる内容のものに転換を図っていた。そして13thシングル「言い訳Maybe」は発売初日だけSMAPを超え1位となったが、週間では1位とはならなかった。

そこで、14thシングル「RIVER」でメンバーの精神統一を図る。実質のプロデューサーとメンバーが思いを一つにして、川越え、キャズム越えを目指した、いちばんマーケティング行為で美しい瞬間だ!!

そして、やはり、その一線を越えなければならなかった壁は本当に「CHASM」だったことがその後の実績で示される。

14th「RIVER」15TH「桜の栞」16th「ポニーテールとシュシュ」17th「ヘビーローテーション」は連続でオリコン1位(週間)を獲得した。

AKB48の現在の快進撃にとって、意味あいの深い曲は「RIVER」であったと思う。

しかも、マーケティング例としてもない、彼女たちはキャズム越えを図った後も、TO(トップオタク)マニア層を原点として大切にしている。

この大きな視野はどこからくるのか。それは意外と美空ひばりの作詞「川の流れのように」に表れていたりする。例えば小椋佳が作詞した「愛燦々」はとても深くて人生のいい歌詞なのだが、松・竹・梅でいうと竹なのだ。「川の流れのように」は、すべてを受け入れた大きさとともに、わかりやすい言葉のわりに情感の広さがあり、松レベルといえる。
「川の流れのように」を書いていた時、秋元康はニューヨークに在住し、自宅から見えるイーストリバーを眺めながら、この詞を書いたという。

秋元康にとって「川」「RIVER」というメタファーはここぞという時に使われる。

ああ 川の流れのように おだやかに
この身を まかせていたい
ああ 川の流れのように いつまでも
青いせせらぎを 聞きながら


この時の秋元康は一旦、自分を見つめ直す、ゆるやかに人生を振り返る時期だったに違いない。そして王道の作詞をした。しかし彼はそれでも満足しなかった。いくら大ヒットしても寿命は1年や2年。そんな短サイクルのヒットメーカーで終わりたくなかった。

AH-AH-AH-AH-
自分に言い訳するんじゃねえ!
AH-AH-AH-AH-
やってみなけりゃわかんねえ!
AH-AH-AH-AH-
まっすぐ進むしかねえ!


と自分に言い聞かせ、息の長いアイドルグループの劇場探しを渋谷・原宿・青山で始める。いい場所がなく、偶然、秋葉原でみつかり、まぁここでもいいかとAKB48プロジェクトを始めたのは2005年の半ばだった。



↓snafkin7のAKB48・SKE48・NMB48関連記事↓

リーマンショックの裏側で〜2008年に何がおこっていたか?
AKB48新論 希望的リフレインは希望的リフレになりうるか?
AKB48 SHOWについて
第4回 AKB48総選挙 予想
アイドルと恋したら AKB 1/48
AKB原論-微積分マーケティングの勝利
AKB48は何をメッセージしようとしているのか?
ブログ1日100回更新した「指原クオリティー」を考える
プロ顔負けのCM企画力(グリコBREO)・NMB48
あなたは何の「目撃者」でしたか?
AKB48総論 - キャズムを越えたアイドルたち
16歳の渡辺麻友が経済誌で語っていたこと
記号の森のAKB48
AKB48はネット社会でなぜ支持されるか?
世界の中心は秋葉原という物語は1995年から始まった。
「ネ申言舌イヒ」の遊び
気がつけば、ネットワークはなくなっていた
カシアス島田について
マジジョテッペンブルースで見たもの
NMB48の渡辺美優紀(みるきー)について
さしこのくせに メモ
宮崎大サーカスにテレビの可能性を見た
劇場という衝撃-幻の一曲(ライダー)にAKB48の原点を見た
生放送をこなすか、こなさないか
マスメディアの波長を変えるAKB48
アイドルは、今、何故グループなのか?

アイドルの究極系-渡り廊下走り隊-MUSIC FAIR
関係の絶対性を歌った「Answer」-no3b
桜からの手紙-提供クレジットの新手法
「誰かのために」は今効くメッセージ
AKB48の桜が意味するもの
「最下層アイドル。大堀恵」はマーケティング本だ
AKB48論のまとめ集



トラックバックURL

トラックバック一覧

1. AKB48新発見  [ AKB48 ]   2010年10月09日 11:38
何気にはまってるAKB48。インターネットには沢山のAKB48に関連したブログやHPがあり、つくづく見るほうもどれを見ていいか分かりません。 ブログなんかだいぶ前に書かれたもので今参考になるのかなと思いますが、それでも見てしまいます。ヤバいもの消去。 - AKB48『放課後...

コメント一欄

2. Posted by 龍馬4世   2010年10月07日 00:28
4 snafkin7さん
こんばんは
いつもお世話になってます。
またまたコメントありがとうございます。
6冊も買ったなんてすごいですね。
ブログの記事を見ても半端でないのが分かります。
とても励みになります。これからもアドバイスお願いします。
1. Posted by 龍馬4世   2010年10月06日 21:39
4 snafkin7さん
こんばんは
龍馬4世です。
心強いコメントありがとうございました。
自分だけの考えでないことが分かりとてもうれしかったです。
snafkin7さんのブログはすごいですね。
内容が多岐にわたっているので楽しいと思います。
またきます。応援済みです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
最新トラックバック
月別マーケティング