2009年08月31日

民主党圧勝を理解する言葉

20493a19.jpg民主党圧勝の傾向は事前の統計調査で出ていたが、1年以上前に、その辺の事情を語っていた人物がいる。老いぼれていたはずの吉本隆明だ。はじめて、この対談を読んだ時、小沢一郎という人物に非常に興味を持った。小沢一郎は西郷隆盛〜田中角栄ラインの日本人がいちばん好きなラインだというのだ。さらに、東洋保守と社会党右派がひとつになっている民主党が、左翼的な考えを身につけた時、自民党と充分戦えると…

2008年 吉本隆明「とにかく民主党を見てるといい」

だから小沢氏や鳩山氏が献金問題であげられても、そんなに影響がなかったのかとも思うわけです。また、左翼的な考えというのは、ちょっとラジカルなマニフェストにスパイスされていた。

「政権交代」というキャッチフレーズもわかりやすい左翼的な言葉だ。

「脱官僚主義」というのもわかりやすいスタンスだった。

民主党がこの対談を読んでたかどうかは別にして、今回の選挙展開状況は民主党にとってバッチリだったわけだ。

マスコミは民主党になって心配面をクローズアップしたがるが、吉本隆明は民主党が政権をとった時に「日本にとってはひじょうに普遍的な未来」につながると発言している。

日本にとっての第二の幕末、維新がはじまると考えていいと…

自分的には何度も吉本隆明から卒業しようと思ったが、昨今の金融危機のこと、政権のこと、と吉本隆明はかなり正確な判断を公に発表している。吉本隆明が生きている限り卒業できないのかなとも思う(笑)

これからマスコミの民主党叩きがはじまると思いますが(笑)民主党の発言に真剣に耳を傾けようかとも思う(笑)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング