2009年07月24日

マーケティングツールとしてのケータイ 実未来論

de1fb7d2.jpg先日、子供と一緒にマグドナルドに行き、iDで購入したところ、ケータイにトルカの表示が出て、1クリック抽選ができる仕組みになっていた。結果、ハズレだったが(笑)前もって設定するクーポンではない、このいきなりのトルカには驚いたとともに感動した。いやはや素晴らしいマーケティングツールではないかと…。

何をいまさらと言われるかもしれないが、ケータイはTVやRadioのような単なるメディアではない。マネーそのものにも化けるので、購買のその現場で様々なマーケティングアクションをおこすことができるスペシャルなメディアになりつつある。

2009年は、ケータイの動画コンテンツ&視聴充実の元年とも位置づけられているように、ケータイ動画が恐ろしく進化しつつある。これにはTV業界の人間がごそっとケータイ業界に流れてきたこともあり、何より質が深くなりつつあるのが今までと違ったところだ。

jigブラウザでもYouTubeが自在に見られるようになった。

ソフトバンクの「選べる簡単動画」、ドコモの「BeeTV」。ソフトバンクの「選べる簡単動画」などはメールを有効活用し、マーケティングツールとしての意識が非常に高い。

ドコモでいうと、iモードサービスが始まって約10年にして、ケータイは発信する、受信するというただのツールではなく、様々な手法をからませることができるマーケティングツールとして完成されてきたともいえる。

TVでもケーブル系では同じような傾向にもあるが、やはりどこでも持ち歩くことができるケータイのパワーは凄いものがあると思う。

GREE、モバれぴ、などのコミュニティの伸びも著しく、ここにきてケータイは生活全般を支えるものになりつつある。

マーケティングしやすいメディアといえば、やはりケータイだろう。

PCもそう、デジタル放送TVもそう、逆にマーケティング回路に組み込めないメディアは廃れていくだろう。

じわじわと感じる業界内での変革のムード。2009年は始まりの年であり、終わりの年に。そういう意味では、いろいろんな現象が生じるはずで、よく見ていこうと思いまする。


トラックバックURL

コメント一欄

2. Posted by トライゲッター   2009年07月27日 18:28
5 こんにちは!!
はじめまして♪

トライゲッター 青木勇也と申します(^¥^)/

私は現在21歳で
将来コンサルタントとして
起業するのが夢です!!

ブログ拝見させて頂いています☆★

確かに携帯は
一人一台は当たり前で、
二台、三台持ってる方もいますもんね!!

私はまだまだ、
起業に関する知識が少ないので
すごく勉強になります!!

私もブログをやっておりますので
よろしければ一度
ご覧下さいませ!!

これからも勉強させて頂きます♪♪

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング