2008年12月25日

飯島愛さんの記憶

飯島愛さんは、TVの他に大阪・阪急三番街のマッキントッシュのビデオアートのイベントで生で見たことがある。かなり前だったが、なんでこんなイベントに飯島愛が???というのでかなり記憶に残っている。彼女はクラブによく出入りしていて、そこでMACで作成されたビデオーアートに興味を持って、ということを語っていたように思う。

ちょっと持っていた印象がだいぶ違った。

たまたま芸能界の入り口に入ったから、その道を歩いたが、アート系の道に入ったら、そういう道も歩んでしまう人なんだなという印象だった。

死亡のニュースを見て、途中で終わっているブログを覗いてみた。

禁煙のことやHIVのことなどが語られているが、ニュースを聞いた後なので、なんだか寂しい空気感が漂っているブログだった。

しかし、精神的に少しすぐれないことや、抗うつ剤のことを書いていても、ごくごく自然に流している。

もし、それが原因ならば、かなり現在的な死に方なのかと感じた。

彼女の場合、AVの世界との出入り、整形の世界との出入り、芸能界との出入り、アートの世界との出入り、にほとんど垣根なく、すーと飛び越えていく自由さがあり、生死の世界の出入りも自然にやってしまったのではないかと想像する。身体的に辛かったというのもあるでしょうが…

演じきれなかった、なりたいものの理想と違ったということもあるでしょうが、引退してからの彼女は、時代的なモヤモヤ感でフツーに悩んでいただけであって、精神的にやや弱まっていたといっても、そんなに特殊な場所にはまり込んでいたわけじゃないと思う。

ただ芸能界やアートの世界から日常の世界にうまく着地できなかった人でないかと思う。

飯島愛は引退したが、自分の中の飯島愛はうまく引退できなかったのかなぁとも思う。

少し賢すぎた、少し才能がありすぎた、のかなぁとも思う。

真実はわからないので、こういう感想で終えておきます。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング