2008年01月30日

百度で『及川奈央』を検索してみた(笑)

5ac0005f.jpg百度β版(.jp)の頃は、一時、日本よりも中国からのアクセスが殺到し中国本土からのアクセスが遮断された経緯のある百度.jp。中国ではアダルト画像が見れないため、.jpなら見れると噂が広まった(実際見れた)ためだが、なんだか、クローラーの件もあったりで印象が悪く、正式版がオープンしたのは知っていましたが、ようやく今日のぞいた次第です。

Google、Yahoo!、についで世界3番目の検索エンジンの割には、凄く平板な感じがするんですね。要は中国語でこそ威力を発揮するわけで、日本語ユーザーがなんのメリットがあるのかわかりません。一番おかしいのは、表示設定にアダルトフィルターがついてるのですが、このオンとオフスイッチはなんのためについているのかよくわかりません(笑)オンにしておくと、アダルト見れるよと逆に言ってるようで、北京大学の創業者の発想もなんだか小さいなと…。しかも精度がよろしくない。例えば、『及川奈央』でも今ではアダルトじゃない画像や動画があるのに、スイッチオンにしておくと、一枚も表示されないことになってしまうのです(笑)今の及川奈央に失礼かと思うのですが…(笑)

逆に、笑ってしまったのは、スイッチオフにすると、GoogleやYahoo!の画像検索よりもエロい画像や動画がドバッと出てきてしまうのです。これはマサにエロい画像や動画検索には最適なのかもしれません(笑)別に検索しなくてもP2Pでなんでもとれるんですが、これ、標準的にフィルターをどうにかした方がいいのではないかと結論。もしもこれで売り込もうとしているならば、あんましいいスポンサーはつかないのではと心配してしまいまふ(笑)

なんか裏技的に面白い使い方はみつけられそうですが、なんとなくあまりいじりたくないフェイスなんですね。中国本土で育ったという環境が、フリー・シェアを基本とする世界対応になっていないんですね。まぁ、使わないからいいけど(笑)

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング