2007年10月20日

『情報大航海プロジェクト』なんてのがあった。

b13ec908.gif検索エンジンのこと、ばっか書いてますが、2つ前に書いた記事の中に、日本には国規模の検索エンジン開発がないと書いてしまってましたが、よくよく調べるとあるんですね(爆)『情報大航海プロジェクト』というのがあって、産学でGoogle、Yahoo!を超えるものなんて言ってます(笑)経済産業省とNTT、NEC、富士通、日立、早稲田大、東大などが主となっているため、研究会の議事要旨などを読むと、はなはだバカバカしいプロジェクトで、真剣にやれば莫大なお金がかかる、日本語では無理、後発では無理、情報保護が難しい、なんていうことを真剣に論じあっています。

現在のSEO、SEMを否定するような論調もあり、この人達なんなのかなと思います(笑)

彦麻呂的に言うと『次世代検索エンジン開発という名の国産ロケットや〜』みたいな(笑)こんなところに投じるお金があったら、ベンチャーにまわしてあげてよ、と庶民的なことを言うつもりはないですが、『情報大航海プロジェクト』サイトのどれを見ても、今の中学生が読めば『何やってんの』という内容。

お国のやること=ナンセンスとは思いませんが、これはあまりにも酷すぎますね。このサイト自体、日立コンサルティングがつくってますし、XHTMLで作ってはいるものの、GoogleやYahoo!で検索してもTOPページがあがらないという有様。メタのキーワードも埋め込まれてないし、ディスクリブションワードも埋め込まれていないという醜態。本気で検索エンジン作る気あんの、てな感想です。

日本の技術っていうのは、こんなレベルじゃないんですが、『情報大航海プロジェクト』を国策としている日本政府は、中国政府以下かもしれないと実感いたします。小さな政府を目指すのではなく、マイクロというかナノな政府を目指した方がいいかと思います。

ちなみに、フランスの国産検索エンジン「Quaero」に投じているお金は2年間で約400億円、『情報大航海プロジェクト』は約数10億円という予定。力の入れようが違いますね。

つらいなぁ、この国。徳川幕府の日本酒プロジェクトのような失敗を何回も繰り返しますから。徳川幕府の日本酒プロジェクトの致命的な欠点は、職人さんの手で計る温度管理が出来なかったことでした。この『情報大航海プロジェクト』にもなんかそういう人肌感というか体温がないんですね。

3〜5年後には実現することになっていますが、まぁ誰も期待してませんから(笑)でも、数10億円といえども、もったいないですね。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング