2007年03月18日

検索リテラシーは、本当に低いのか?

e06b4e1f.gifわりあい新しい調査(F1・F2・M1・M2各100計400)で、検索エンジン窓に入力するワード数についてのものがあり、1つが50.9%、2つが43.7%、3つが4.4%、4つ以上が1.0%という結果となり、検索リテラシーが低いユーザーがまだまだ多いと結論づけているものがあった。

それならそれで、今後、検索リテラシーは向上して、検索エンジンビジネスはまだまだ成長という見方もできて良いのですが、果たしてこの調査結果結論、素直にうなづけるかというと、うなづけないんですね。

自分自身、もしもこのアンケートに答える立場だったら『初めにいくつ入力しますか?』という質問に、1つと答えていると思う。調べもんとかする時は結構、単数入力が多いですから…また、複数ワード入力するほど、検索リテラシーが高いと判断するのもどうかなと思います。普通はだいたい、単数で様子見、2つくらいで当たりを見つけ、3つ以上で絞り込むっていう感じでしょうから、またこんな作業に能力の高さ云々を計る高度な技ってないですから、あまりにもナタ切りの結論だと思います。

あと、ショッピング等になってくると、検索の必死さが違ってきて、『キティ・青・腕時計』なんてトリプルワードなんてザラですし、世の中の検索リテラシーは、そこそこ極まっていると思います。

ただ、日本の場合、Yahoo!とGoogle利用の割合が2:1、これがなかなか崩れませんが、Yahoo!を使ってるから検索リテラシーが低いかというと、なんとも言えないんですね。Googleで拾えないものが、Yahoo!に行ってあったりしますから…これは検索エンジンそのものの能力というよりも、Yahoo!のポータル画面が日本人に異常に気に入られているということだと思います。それと多少あったかいというか人間っぽい温度がするのが肌にあうのかもしれません。

検索リテラシー、本当に知りたい、本当に買いたい時、人は本気を発揮します。これは穏やかなのんべんだらりんの統計調査では、そのエネルギーは図れないかもです。そしてP4PやSEMでは、そんな本気の人にどう応えるかが勝負となってきます。

検索リテラシー、前にも書きましたが、心理学に近いです。

そして、この領域でも極めすぎると
大学のサークル棟の白い壁に油性マジックで書かれていた現代詩を思い出してしまいます(笑)

田村隆一『帰途』

言葉なんかおぼえるんじゃなかった
言葉のない世界
意味が意味にならない世界に生きてたら
どんなによかったか

あなたが美しい言葉に復讐されても
そいつは ぼくとは無関係だ
きみが静かな意味に血を流したところで
そいつも無関係だ

あなたのやさしい眼のなかにある涙
きみの沈黙の舌からおちてくる痛苦
ぼくたちの世界にもし言葉がなかったら
ぼくはただそれを眺めて立ち去るだろう

あなたの涙に 果実の核ほどの意味があるのか
きみの一滴の血に この世界の夕暮れの
ふるえるような夕焼けのひびきがあるか

言葉なんか覚えるんじゃなかった
日本語とほんのすこしの外国語をおぼえたおかげで
ぼくはあなたの涙のなかに立ちどまる
ぼくはきみの血のなかにたったひとりで帰ってくる





トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング