2012年12月

2012年12月31日

AKB48を低画質で見るといろんなことが見えてくるw

AKB48今年は、「レコード大賞」とか「紅白歌合戦」は長いので低画質のLPモードで録画している。何がおきたか、観察する程度ならこれくらいの画質でいいやっと思ってのことだが、これが意外と“見えないものを見せる効果”があった。

JUJUや演歌歌手などはあまり動かないのでLPモードでも不満なく見れるのだが、AKB48くらい運動量の多いシーンは、すべてがボケボケに見える。これじゃあ、次世代で注目している島崎遥香(ぱるる)、入山杏奈(あんにん)、川栄李奈(りっちゃん)は惜しいなと思っていたところ、何故かNMB48から参加している渡辺美優紀(みるきー)だけが、動いているにもかかわらずブレずに綺麗に見えるのだ。それは大賞候補で踊っている時も、大賞受賞の時も同じだった。

その理由を確認するために「真夏のSounds good!」を何回も見たが、要は渡辺美優紀は他のメンバーと同じく激しい動きをしているのに“軸がブレていない”ので、顔(頭)の位置は固定され、低画質でも綺麗に見えるのだということがわかった。対照的に旧メンバーの小嶋陽菜とかは軸が揺れ揺れでゴースト状態、ボケボケだ。

これは面白い。

渡辺美優紀の次によく見えたのは、W松井のSKE48のメンバーだった。

このモードで見ると、よく映っているにもかかわらず、渡辺麻友(まゆゆ)もかなりボケていた。

あと、HKT48に移籍した多田愛佳(らぶたん)は博多で美味しいものを食べ過ぎているのか、他のメンバーよりもかなり太って見えた(笑)これは関係ないか(笑)

2年連続でレコード大賞を受賞したAKB48。他の歌手と決定的に違うのは運動量だ。それがテレビ画面からも伝わる。個々人の運動量×人数でいうと圧倒的なざわざわ感だ。これは見てるだけでも動体視力は酷使され、体温が上がる。冷えきった時代の中で、まだまだ人気があるのはこういう生理作用があるからだろう。西野カナの「GO FOR IT!!」きゃりーぱみゅぱみゅのダンスにも同じものを感じた。

AKB48については第2章というよりも、第1章のなごり雪しか感じなかった。前田敦子(あっちゃん)のいない「真夏のSounds good!」はあまりに寂しい。あの異常に長い手足がセンターにいなければ、アクセントがないのだ。それとダンスの上手いメンバーが後ろにいて、旧メンバーがまだ前にいる体制にも未来を感じない。

2年くらい前に、NMB48劇場で、何回かハイタッチした渡辺美優紀(みるきー)。レコード大賞でも本当に楽しく踊っていた。あの娘が今やレコード大賞受賞のステージで踊っている。そういう身近に感じるアイドルをつくったのは、あらためて画期的であったとは実感するのだけれども………。

この記事の関連記事↓↓↓
NMB48の渡辺美優紀(みるきー)について
自己組織化し始めているNMB48

↓snafkin7のAKB48・SKE48・NMB48関連記事↓

AKB48新論 希望的リフレインは希望的リフレになりうるか?
AKB48 SHOWについて
セーラーゾンビ 最終話
マジすか学園3、プリズンである意味
マジすか学園3、今度のマジすかは「プリズン」らしい
第4回 AKB48総選挙 予想
第4回 AKB48総選挙 結果
アイドルは、今、何故グループなのか? PART2
ぐるぐるカーテンの時代と世界観
AKB48生バンドと乃木坂46ぐるぐるカーテンと私
乃木坂46「会いたかったかもしれない」について
乃木坂46キャラバンで時代が見えてしまったこと
AKB48への別照射論-ライブドアショックとの関係
EXILE魂のAKB48 2週連続特集を見て
ブルマ公演やっちゃいましたの構造を解く
NMB48オリコン1位(デイリー)で思うこと
AKB48 備忘録
第2回じゃんけん大会 大阪予選の結果を見て
マジすか学園2のストーリー破綻は
AKB48のストーリー破綻につながる

乃木坂46は失敗する-フラクタルの視点から
江口愛実プロモーションは何が狂ったのか?
江口愛実の解釈学
ここにいたこと-少女たちよ
前田敦子の超越論的現象学
ブルマ公演も見てみたいんだけどね
自己組織化しはじめているNMB48
AKB原論-微積分マーケティングの勝利
AKB48は何をメッセージしようとしているのか?
アイドルは、今、何故グループなのか?
ブログ1日100回更新した「指原クオリティー」を考える
指原ブログ、24時間で200回更新、すごっ。
プロ顔負けのCM企画力(グリコBREO)・NMB48
あなたは何の「目撃者」でしたか?
AKB48総論 - キャズムを越えたアイドルたち
16歳の渡辺麻友が経済誌で語っていたこと
記号の森のAKB48
AKB48はネット社会でなぜ支持されるか?
世界の中心は秋葉原という物語は1995年から始まった。
「ネ申言舌イヒ」の遊び
気がつけば、ネットワークはなくなっていた
カシアス島田について
マジジョテッペンブルースで見たもの
NMB48の渡辺美優紀(みるきー)について
さしこのくせに メモ
宮崎大サーカスにテレビの可能性を見た
劇場という衝撃-幻の一曲(ライダー)にAKB48の原点を見た
生放送をこなすか、こなさないか
マスメディアの波長を変えるAKB48
アイドルの究極系-渡り廊下走り隊-MUSIC FAIR
関係の絶対性を歌った「Answer」-no3b
桜からの手紙-提供クレジットの新手法
「誰かのために」は今効くメッセージ
AKB48の桜が意味するもの
「最下層アイドル。大堀恵」はマーケティング本だ
AKB48論のまとめ集
マジすか学園2でマジに再スタートしていく
マジすか学園2の風景は心の現実かも
まゆゆという記号を体系づける写真集
AKB48の人気指数読み解く…仕事みたいに(笑)
第3回AKB48総選挙の意味
第3回AKB48総選挙 結果



tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
月別マーケティング