2012年08月

2012年08月27日

前田敦子の卒業について

atsuko『週刊AKB』の前田敦子卒業記念特集を見ていて、やはりこの人はツキがあるんだなと思った。第一回放送の2009年7月10日は、前田敦子の誕生日でもあり、しょっぱなのコメントが「18歳になりたての前田敦子です」と…。初めの頃の企画で、前田敦子が街に出て、声をかけられるかでは、誰にも声をかけられず、3年前、AKB48は、そんな存在だった。それが、今では卒業の日、プチパレードを実施しようとしても、人が集まりすぎて危険ということで中止になるまでの人気者になっている。

未だに、前田敦子のどこがいいんだ?
なんで、あんなに人気があるんだ?

と思う人も多いように思う。自分ももともとその一人で「記号の森のAKB48」や「前田敦子の超越論的現象学」で、できるだけ色メガネをかけないで、あっちゃんのありのままを見ようと試みたが、結論といえるものはみいだせなかった。

しかし、『週刊AKB』のAKBとしての最終出演回で飛び込み取材に応じる浴衣姿の前田敦子を見ていて、なんとナチュラルなんだろうということと、ひょっとして、芸能界の中で何かを卒業する上で、いちばん円満な、波風もたてず、やることはやり、いろんな大人の組織に迷惑もかけず、いいやめ方をしているのではないかと思った。

以前、「AKB48総論-キャズムを超えたアイドルたち」で、秋元康は肝心な時には、「川」の歌を書くと書いたが、前田敦子の卒業ソングは「夢の河」だ。

夢の河を渡った舟が 静かに岸に着く夜明け前
初めての大地に一歩 足を今踏み出す

これは「RIVER」で歌っていた、川の向こうの世界の話だ。キャズムを超えて、向こう岸にたどりついた話だ。だが、他のメンバーはいない。ひとりぼっちだ。

ここはどこなのだろう? 空を見上げて探した星
私いつの間にか 一人はぐれてしまったよ

なんと、あんなに元気よく大勢で川を渡るんだと言っていたのに、川を渡りきったのは、前田敦子一人なのだ。

夢の河を渡った舟が 静かに岸に着く夜明け前
私から最初に一歩 先を歩こう

後から誰かが追随してきそうな気配はあっても、今は一人なのだ。上で、こんなに円満に卒業したアイドルはいないと書いたが、それがこの歌詞にも自然に表現されている。

夢の河は過去から今へ 今から未来へと流れてく
それぞれの希望の舟を 誰も漕いでいるんだ
夢が叶ったら 迎えに来るよ

過去から今へ、今から未来へと流れていく この卒業の流れには、大きな飛躍や断裂がなく、過去から今へ、今から未来へ、河のように流れていく様子となっている。

超自然体の前田敦子が「週刊AKB」の卒業記念特集で発していた言葉が「かわいそう、かわいそう」だった。前田敦子の別取材で用意された屋形船をボートで追っかける「週刊AKB」の後藤プロデューサーが、食事もしないで、ボートでコンタクトをとろうとしている姿に「かわいそう」を連発して、アイスキャンディを手渡そうとする。まぁ、番組の演出といえば、それまでだが、屋形船の新聞社のスタッフにも気を使い、ボートのテレビスタッフにも気を使い、自然な笑顔をふりまいていた。ビールを飲める年齢にもなっている前田敦子だが、その笑顔のナチュラルさはデビュー当時とほとんど変わらない。そしてやや内向きな性格もなんら変わっているような気がしないのだ。

今回は、AKB48の解散ではなく、前田敦子の卒業であって、キャンディーズの解散、ピンクレディの解散、おニャン子クラブの解散、山口百恵の引退、後藤真希の引退と比較するのもおかしいのだが、こんなに上手に次のステップに踏み出す姿はなかなか芸能界では見たことがない。

AKB48のセンターでありながら、AKB48にいちばん遠いところに最初からいたかもしれないなと、今更気がつく。

前田敦子が演じているドラマ、映画はほぼ見てきたが、いちばんいいなと思うのは、2007年に公開された市川準監督の映画「あしたの私のつくり方」だったりする。黒の服が好きだったり、親友の佐藤由加理と釣り堀で語っていたように、根は無口なあっちゃん。「あしたの私のつくり方」では、素直に役に入っていたような気がする。

AKB48として人気が出てしまったのは、彼女の夢にとって、本当は遠回りだったのかもしれない。

という意味で、AKB48をやめることで、本来の彼女らしさが演技でも戻ってくるかもしれない。彼女だけが、ここまで話題になるのは、ゴリ押しでもなんでもなく、現在的なものを多く持っているからだろう。松田聖子が、聖子ちゃんから聖子さんに上手く成長したように、前田敦子も、あっちゃんから、◯◯◯◯に成長し、息の長い人になることを願う。

卒業おめでとう!!

↓snafkin7のAKB48・SKE48・NMB48関連記事↓

AKB48新論 希望的リフレインは希望的リフレになりうるか?
AKB48 SHOWについて
セーラーゾンビ 最終話
マジすか学園3、プリズンである意味
マジすか学園3、今度のマジすかは「プリズン」らしい
第4回 AKB48総選挙 予想
第4回 AKB48総選挙 結果
アイドルは、今、何故グループなのか? PART2
ぐるぐるカーテンの時代と世界観
AKB48生バンドと乃木坂46ぐるぐるカーテンと私
乃木坂46「会いたかったかもしれない」について
乃木坂46キャラバンで時代が見えてしまったこと
AKB48への別照射論-ライブドアショックとの関係
EXILE魂のAKB48 2週連続特集を見て
ブルマ公演やっちゃいましたの構造を解く
NMB48オリコン1位(デイリー)で思うこと
AKB48 備忘録
第2回じゃんけん大会 大阪予選の結果を見て
マジすか学園2のストーリー破綻は
AKB48のストーリー破綻につながる

乃木坂46は失敗する-フラクタルの視点から
江口愛実プロモーションは何が狂ったのか?
江口愛実の解釈学
ここにいたこと-少女たちよ
前田敦子の超越論的現象学
ブルマ公演も見てみたいんだけどね
自己組織化しはじめているNMB48
AKB原論-微積分マーケティングの勝利
AKB48は何をメッセージしようとしているのか?
アイドルは、今、何故グループなのか?
ブログ1日100回更新した「指原クオリティー」を考える
指原ブログ、24時間で200回更新、すごっ。
プロ顔負けのCM企画力(グリコBREO)・NMB48
あなたは何の「目撃者」でしたか?
AKB48総論 - キャズムを越えたアイドルたち
16歳の渡辺麻友が経済誌で語っていたこと
記号の森のAKB48
AKB48はネット社会でなぜ支持されるか?
世界の中心は秋葉原という物語は1995年から始まった。
「ネ申言舌イヒ」の遊び
気がつけば、ネットワークはなくなっていた
カシアス島田について
マジジョテッペンブルースで見たもの
NMB48の渡辺美優紀(みるきー)について
さしこのくせに メモ
宮崎大サーカスにテレビの可能性を見た
劇場という衝撃-幻の一曲(ライダー)にAKB48の原点を見た
生放送をこなすか、こなさないか
マスメディアの波長を変えるAKB48
アイドルの究極系-渡り廊下走り隊-MUSIC FAIR
関係の絶対性を歌った「Answer」-no3b
桜からの手紙-提供クレジットの新手法
「誰かのために」は今効くメッセージ
AKB48の桜が意味するもの
「最下層アイドル。大堀恵」はマーケティング本だ
AKB48論のまとめ集
マジすか学園2でマジに再スタートしていく
マジすか学園2の風景は心の現実かも
まゆゆという記号を体系づける写真集
AKB48の人気指数読み解く…仕事みたいに(笑)
第3回AKB48総選挙の意味
第3回AKB48総選挙 結果



2012年08月26日

AKB48グループ 新組閣について

感想を一言でいうと、なんとも中途半端なシャッフル。AKB48は今や大企業になった証拠ですね。ベンチャーのチーム4は解体。らぶたんの博多移籍にはどんな意味があるんだろう。渡り廊下は??? 横山由依のNMB兼任はダイエットのため??? あっちゃんというカリスマ社長なき後、どんな会社になっていくんでしょうかね、ある意味、楽しみです(笑) 赤は今後も注目していきたい人。ほとんどチーム4ばっか、ということで、今回の4解体をすごく残念がってる一人です(・へ・)


『48グループ新組閣の内容』

【移籍】
[HKT48] 多田愛佳
[JKT48]  高城亜樹・仲川遥香
[SNH48] 宮澤佐江・鈴木まりや

高橋みなみ:チームA「AKB48総監督」
篠田麻里子:チームAキャプテン
大島 優子:チームKキャプテン
梅田 彩佳:チームBキャプテン

<チームA>
伊豆田莉奈
入山杏奈
岩田華怜
大島涼花(昇格)
河西智美
川栄李奈
菊地あやか
小谷里歩(NMB兼)
小林茉里奈
佐藤すみれ
佐藤夏希
篠田麻里子[キャプテン]
高橋朱里
高橋みなみ[AKB総監督]
田野優花
中塚智実
仲俣汐里
仁藤萌乃
松井咲子
森川彩香
横山由依(NMB兼)
渡辺麻友

<チームK>
阿部マリア
秋元才加
板野友美
内田眞由美
大島優子[キャプテン]
北原里英(SKE兼)
倉持明日香
小林香菜
佐藤亜美菜
島田晴香
鈴木紫帆里
近野莉菜
中田ちさと
仲谷明香
永尾まりや
藤田奈那
前田亜美
増田有華
松井珠理奈(SKE兼)
松原夏海
光宗 薫(昇格)
宮崎美穂
武藤十夢(昇格)

<チームB>
石田杏奈(SKE兼)
石田晴香
市川美織
岩佐美咲
梅田彩佳[キャプテン]
大場美奈
大家志津香
柏木由紀
片山陽加
加藤玲奈
小嶋陽菜
小嶋菜月
小森美果
島崎遥香
竹内美宥
田名部生来
中村麻里子
名取稚菜
野中美郷
藤江れいな
峯岸みなみ
渡辺美優紀(NMB兼)
山内鈴蘭


↓snafkin7のAKB48・SKE48・NMB48関連記事↓

AKB48 SHOWについて
マジすか学園3、プリズンである意味
マジすか学園3、今度のマジすかは「プリズン」らしい
第4回 AKB48総選挙 予想
第4回 AKB48総選挙 結果
アイドルは、今、何故グループなのか? PART2
ぐるぐるカーテンの時代と世界観
AKB48生バンドと乃木坂46ぐるぐるカーテンと私
乃木坂46「会いたかったかもしれない」について
乃木坂46キャラバンで時代が見えてしまったこと
AKB48への別照射論-ライブドアショックとの関係
EXILE魂のAKB48 2週連続特集を見て
ブルマ公演やっちゃいましたの構造を解く
NMB48オリコン1位(デイリー)で思うこと
AKB48 備忘録
第2回じゃんけん大会 大阪予選の結果を見て
マジすか学園2のストーリー破綻は
AKB48のストーリー破綻につながる

乃木坂46は失敗する-フラクタルの視点から
江口愛実プロモーションは何が狂ったのか?
江口愛実の解釈学
ここにいたこと-少女たちよ
前田敦子の超越論的現象学
ブルマ公演も見てみたいんだけどね
自己組織化しはじめているNMB48
AKB原論-微積分マーケティングの勝利
AKB48は何をメッセージしようとしているのか?
アイドルは、今、何故グループなのか?
ブログ1日100回更新した「指原クオリティー」を考える
指原ブログ、24時間で200回更新、すごっ。
プロ顔負けのCM企画力(グリコBREO)・NMB48
あなたは何の「目撃者」でしたか?
AKB48総論 - キャズムを越えたアイドルたち
16歳の渡辺麻友が経済誌で語っていたこと
記号の森のAKB48
AKB48はネット社会でなぜ支持されるか?
世界の中心は秋葉原という物語は1995年から始まった。
「ネ申言舌イヒ」の遊び
気がつけば、ネットワークはなくなっていた
カシアス島田について
マジジョテッペンブルースで見たもの
NMB48の渡辺美優紀(みるきー)について
さしこのくせに メモ
宮崎大サーカスにテレビの可能性を見た
劇場という衝撃-幻の一曲(ライダー)にAKB48の原点を見た
生放送をこなすか、こなさないか
マスメディアの波長を変えるAKB48
アイドルの究極系-渡り廊下走り隊-MUSIC FAIR
関係の絶対性を歌った「Answer」-no3b
桜からの手紙-提供クレジットの新手法
「誰かのために」は今効くメッセージ
AKB48の桜が意味するもの
「最下層アイドル。大堀恵」はマーケティング本だ
AKB48論のまとめ集
マジすか学園2でマジに再スタートしていく
マジすか学園2の風景は心の現実かも
まゆゆという記号を体系づける写真集
AKB48の人気指数読み解く…仕事みたいに(笑)
第3回AKB48総選挙の意味
第3回AKB48総選挙 結果



2012年08月13日

イム・ユナ(YoonA)のこれから。

YOONA1NHKのある番組で、江戸時代・明和の三大美人のひとり、「谷中のおせん」の顔を資料を基に再現していくと広末涼子そっくりになるということをやっていた。日本人が好む顔というのは、ある程度、時代を経ても変わらないということがある。以前、日本人のルーツの顔として「上戸彩」について書いたが、この時は

【本州日本人のミトコンドリアDNAタイプ】
日本人固有のタイプ 4.8%
韓国に多いタイプ  24.2%
中国に多いタイプ 25.8%
アイヌの人々に多いタイプ 8.1%(★上戸彩の父方)
沖縄に多いタイプ 16.1%(★上戸彩の母方)

5集団以外のタイプ 21%

日本人ルーツのアイヌ系と沖縄系のクロスに反応しているのではないかとした。

これに対し、韓国人は、固有のタイプが希薄化しておらず

【韓国人のミトコンドリアのDNAタイプ】
韓国人固有のタイプ 40.6%
中国に多いタイプ 21.9%
アイヌの人々に多いタイプ 1.6%
沖縄に多いタイプ 17.4%
5集団以外のタイプ 18.5%

中国人のミトコンドリアにおける固有のタイプ60.6%よりは低いが、40.6%が固有のタイプとなっている。イム・ユナ(YoonA)のスタイル、頭のカタチなどを見れば、韓国人固有のタイプに違いないが、韓国人のみならず、日本を含めアジア全体が反応している。ただ、韓国での人気は凄まじく、韓国男子にとって、イム・ユナの顔はドストライクらしく、それを聞くとやはり固有のタイプということなんだろう。

しかし、イム・ユナの魅力の中には、小顔、手足が長いだけでなく、「童顔」と「子供っぽさ」が常に強くあり、それがある意味“アジア的”な女性の魅力となって、アジア全体に反応しているのではないかと思う。

それがいちばん開花したのは、2008年、韓国視聴率43.6%を記録し178話まで続いたドラマ「君は僕の運命」。10代での天真爛漫な役づくりは背伸びせず等身大な演技で自然な演技をやってのけた。

だが、そこからイム・ユナ(YoonA)のドラマの不運が始まる。2009年の「シンデレラマン」はクォン・サンウの共演ということで前評判は高かったが、ストーリーの盗作問題などで視聴率は低迷、終始ヒト桁台だった。ここでは複雑な恋愛に揺れるファッションデザイナーを演じるも、大人と少女の間を中途半端に揺れる役を演じさせられており、不完全燃焼のまま終わった。

それから「少女時代」で日本デビューもし、日本でも知名度が上がった時に、再びドラマで不運に遭遇する。現場からかなり離れていた、ユン・ソクホ(冬のソナタの監督)が日本向けに作ったといっても過言ではない2012年ドラマ「ラブレイン」にチャン・グンソクとイム・ユナが大抜擢された。韓国でも視聴率は4〜5%。日本向けであったにもかかわらず日本でも視聴率は1〜2%。その理由は、「シンデレラマン」と同じくストーリーの盗作問題と、とても恋愛とは言いがたい屈折したプラトニックラブを親子二代にわたって演じさせられており、イム・ユナの魅力はある程度引き出されてたものの、ドラマとしては駄作の部類に入り、とても感動的なドラマとは言えないレベルのものとなってしまった。

人気の俳優が出演していても、シナリオがダメで視聴率が悪いことはよくある。また、その逆で人気の俳優が出ていなくてもシナリオが良ければ視聴率が良いことはよくある。要はシナリオ、脚本が大事で、イム・ユナ(YoonA)は人気が出てしまったがために、その悪いパターンの方に引き寄せられてしまった、それも2回もだ。

イム・ユナはアイドルグループ「少女時代」に属してか、まだ大人の女性を演じさせられていない。また、本人も「子供っぽさ」をキャラの中心にしているところがあって、なかなか脱皮できない面もある。「ラブレイン」でいくらキスシーンを多発しても、それで大人のシーンを演じたことにはなっていない。後ろを向いた意見を述べれば「君は僕の運命」が高視聴率だったのは、ラブコメディというタッチだったからとも言える。

「少女時代」はアジアで大成功しているものの、欧米進出では実際はマスコミが騒ぐほど成功していないとも聞く。であるならば、アジアに絞って道を定めた方がいいに違いない。「少女時代」の中では中国語も日本語も英語もそれほどではないイム・ユナ(YoonA)。韓国語のドラマ・映画にもっと活路を見出して欲しいが、自分が期待するのは映画の方だ。

韓国の産業戦争の中で、キリっと働く女性、男性を手玉にし、純粋な情熱だけで情報戦争に打ち勝っていくような役。そしてそこには、「チング」と「恋愛」で揺れるようなやわな「恋愛」ではなく、溺れるような「熱愛」があって、身を滅ぼすような危ない局面もあって欲しい。

SMAPのキムタクが大好きというイム・ユナ(YoonA)。HEY!HEY!HEY!で一緒になって、はしゃいでるユナも大好きだが、そろそろ持っている遺伝子を大事にしてもらって、韓国特有のかっこ良さ、かっこいい韓国女優になって欲しいと思う。

当初思っていたイム・ユナ(YoonA)論を展開できず、単なる希望論になってしまったが(笑)イム・ユナ(YoonA)は語るより、やはり見てナンボのものだ(笑) 「ラブレイン」以上のいい表情はこれからもっと本人がつくっていってくれるに違いない。まだ22歳なのだから……

★イム・ユナに関する当ブログの過去記事★

イム・ユナふたたび

イム・ユナに釘付け

シンデレラマンの低視聴率について









tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
月別マーケティング