2012年07月

2012年07月15日

マジすか学園3 プリズンである意味

MAGI20××年、少年法改正によって民間の少年刑務所がつくられ、そこに全国から三百数名の不良少女が収容された。その中では、チームハブ、チームマングースなど多くの派閥があり、毎日、てっぺんをとるために争いが繰り返されている。


マジすか学園3は2の延長ではなかった。チーム4とSKEが主になって新たなストーリーが始まっている。少年刑務所の所長が洞口依子なのは驚いた(昔、好きな女優だったので)が、それよりも島崎遥香(ぱるる)があまりにも絵になっているのには、もっと驚いた。角川映画の三人娘時代のデビューばりだ。他に大場美奈、川栄李奈、木崎ゆりあ、木本花音と、48の美少女系を集めていて、マジすか学園1〜2の世界とは、かなり異なった空気感を漂わせている。

この世界が、本来の48グループのネキストステージであって、それを実験している地下工場ではないかという臭いがしてくる。

しかし、この閉塞感。まったく希望のない世界。すさんだ心情。これはフィクションでありながら、ことごとく生々しいのは、現実ともそんなに離れた世界ではないからだ。大津市のいじめ事件に代表されるように、現実の方がもっと腐っているかもと思うところもあるから…。

秋元康はエンタテインメントとして、こういうアンダーワールドを描いているのかと、前は思っていたが、まるで原点のように執拗にこの世界に執着しているのを見て、心象の原風景に何かあるんだなという察しがつく。まぁ、そこから生きる哲学みたいなものも編み出されているんだろうけど、おそらく表現として、メタファーとして出てきている限り、かなりキツイ原風景であって、素直な言葉では語られないんだろうなと思う。

マジすからしさを引きずっているのは、北原里英、矢神久美、島田晴香、阿部マリアだが、マジすか3では、このへんのキャラはどうでもいいように思った。そして、48の旧メンバーも、あまり出てこないことを願う(笑)ここは完全なリスタートの場所であって欲しいからだ。

AKB48はいつのまにか、狂った方にに回転して国民的アイドルグループになってしまったが、元はといえば、落ちこぼれのがんばってる感むき出しのグループだった。日本全体が世界の落ちこぼれとなって、狂ったほどの共感を得てしまったのかもしれないが(笑)決して、ハレとケのハレの方でないことは、あらためて整理しておきたい気がする。スピードがかつて家出したい系少女に絶大なる支持を得ていたのと同じように思う。お金のために再結成したスピードは単なる抜け殻だ。

今後、どういう展開になるのかはわからないが、もう一度、何かを始めたいという意志は、マジすか学園3 プリズンからは感じる。それは最近のAKBでは珍しいことだ。特に、島崎遥香、木崎ゆりあ、川栄李奈、木本花音あたりには、グループと個性の往復の中で新展開を期待したいところだ。

上に、アンダーワールドという表現を使ったが、AKBという場所はあくまでアンダーワールドであって、そこから個性が花開いて光の世界に這い出して欲しいと思う。AKBというグループ自体が光の世界で暴れてもロクなことはない(笑)

それにしても、島崎遥香。絵になる。AKBから離れて、何か現在的なテーマの映画で主役、やって欲しいと思う。

↓snafkin7のAKB48・SKE48・NMB48関連記事↓

AKB48新論 希望的リフレインは希望的リフレになりうるか?
AKB48 SHOWについて
マジすか学園3、今度のマジすかは「プリズン」らしい
第4回 AKB48総選挙 予想
第4回 AKB48総選挙 結果
アイドルは、今、何故グループなのか? PART2
ぐるぐるカーテンの時代と世界観
AKB48生バンドと乃木坂46ぐるぐるカーテンと私
乃木坂46「会いたかったかもしれない」について
乃木坂46キャラバンで時代が見えてしまったこと
AKB48への別照射論-ライブドアショックとの関係
EXILE魂のAKB48 2週連続特集を見て
ブルマ公演やっちゃいましたの構造を解く
NMB48オリコン1位(デイリー)で思うこと
AKB48 備忘録
第2回じゃんけん大会 大阪予選の結果を見て
マジすか学園2のストーリー破綻は
AKB48のストーリー破綻につながる

乃木坂46は失敗する-フラクタルの視点から
江口愛実プロモーションは何が狂ったのか?
江口愛実の解釈学
ここにいたこと-少女たちよ
前田敦子の超越論的現象学
ブルマ公演も見てみたいんだけどね
自己組織化しはじめているNMB48
AKB原論-微積分マーケティングの勝利
AKB48は何をメッセージしようとしているのか?
アイドルは、今、何故グループなのか?
ブログ1日100回更新した「指原クオリティー」を考える
指原ブログ、24時間で200回更新、すごっ。
プロ顔負けのCM企画力(グリコBREO)・NMB48
あなたは何の「目撃者」でしたか?
AKB48総論 - キャズムを越えたアイドルたち
16歳の渡辺麻友が経済誌で語っていたこと
記号の森のAKB48
AKB48はネット社会でなぜ支持されるか?
世界の中心は秋葉原という物語は1995年から始まった。
「ネ申言舌イヒ」の遊び
気がつけば、ネットワークはなくなっていた
カシアス島田について
マジジョテッペンブルースで見たもの
NMB48の渡辺美優紀(みるきー)について
さしこのくせに メモ
宮崎大サーカスにテレビの可能性を見た
劇場という衝撃-幻の一曲(ライダー)にAKB48の原点を見た
生放送をこなすか、こなさないか
マスメディアの波長を変えるAKB48
アイドルの究極系-渡り廊下走り隊-MUSIC FAIR
関係の絶対性を歌った「Answer」-no3b
桜からの手紙-提供クレジットの新手法
「誰かのために」は今効くメッセージ
AKB48の桜が意味するもの
「最下層アイドル。大堀恵」はマーケティング本だ
AKB48論のまとめ集
マジすか学園2でマジに再スタートしていく
マジすか学園2の風景は心の現実かも
まゆゆという記号を体系づける写真集
AKB48の人気指数読み解く…仕事みたいに(笑)
第3回AKB48総選挙の意味
第3回AKB48総選挙 結果



tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
月別マーケティング