2011年04月

2011年04月30日

ハルカで表情が見えてきたSCANDAL

scandal映画の主題歌を歌っていることもあって、音楽番組で『ハルカ』を歌っているSCANDALをよく見かけた。大人になったなぁと印象とともに、SCANDALにしては優しい歌を歌っていることもあって、逆にこのバンドの技術の高さ、実力がわかって関心することが多かった。

いちばん可愛いかなと思うドラマーのRINA。この8ビートの曲に正確に4つ打ちのバスドラを入れてるし、そのバスドラの合間に綺麗にハイハットを埋め、しかもそれを何気にこなし、ポイントで笑みをつくっている。たぶん、このバンドのノリの良さはリズムがしっかりしてるからだろうと…
ベースのTOMOMI。ヴォーカルとしても伸びのある声が魅力だが、演奏に専念してる時の滑らかな指さばきはかなりのもの。
あと注目の1988年生まれのリードヴォーカル&ギターのHARUNA。本当にクールな歌い方をし、ギターもサイドといういい加減な弾き方をしていなくてとても丁寧だ。名古屋コンビということもあって、MAMIのギターとともに曲を引き立てる演奏をしている。ライブで二人の連携を見てみたいとも思うレベルだ。

SCANDALは数々の海外ツアーもこなし、2009年には日本レコード大賞新人賞も受賞、Twitterからもヒット曲を発生させている。そんなに過激なラインにもいかず、どこかフツーさを保っているのが面白い。バンド結成からは5年たち、徐々にメンバー曲も増やし始めている。演奏テクも向上し、これからさらに期待したいバンドだ。

『ハルカ』はSCANDALにとって、出会って本当に良かった曲だと思う。素直で意味の広い歌詞内容に、SCANDALメンバーがそれぞれ感情移入している。そして伝えたいと思っている。

テレビでSCANDALを見て、正直、初めて、オッと思った。伝わったのだ。

ドラム:鈴木理菜(RINA) 1991年8月生 B型 キャレス大阪校出身
ベース:小川ともみ(TOMOMI) 1990年5月生 A型 キャレス大阪校出身
ギター:笹崎まみ(MAMI) 1990年5月生 AB型 キャレス名古屋校出身
ヴォーカル&ギター:小野春菜(HARUNA) 1988年8月生 A型 キャレス名古屋校出身








2011年04月26日

映画「阪急電車」は日常をフィクションにした稀な映画だ。

hankyu関西人にとって、阪急電車・今津線は特別の思いのある沿線だ。宝塚はもちろん阪急の象徴でもあり、逆瀬川の情緒ある風景、小林(おばやし)ののどかな景色、仁川にいたっては阪神競馬場もあり桜の頃には遊びに来る人も多い。甲東園は関西学院大学の最寄り駅であり、門戸厄神は近場のお参り場所。西宮北口は神戸線とクロスしており、かなりの人が通過するターミナルだ。

私自身、今津線と平行して流れる武庫川のサイクリングロードは関西でいちばん好きなロードで、季節のいい頃にはちょくちょく阿倍野から出かけていく。この沿線は住むには敷居が高すぎるが、自然(野鳥)の多さ、人の上品さ、という点でいつまでもあこがれの場所となっている。

原作は自衛隊三部作や「フリーター家を買う」などを書いた有川浩(ありかわひろ)さん。有川さん自身、阪急沿線に住んでおり、夫と電車に乗っていた時、若いカップルが手をつないだまま始発の電車で眠りこけているのを見て「こういう光景を見て妄想をふくらませるのが君の仕事じゃないのか」と言われたのがきっかけで物語りを紡いでいったらしい。

この映画のキャスティングがまた素晴らしい。
中谷美紀は東京都出身だが

戸田恵梨香 兵庫県出身
相武紗季  兵庫県宝塚出身 (友情出演)
芦田愛菜  兵庫県出身
南果歩   兵庫県出身
有村架純  兵庫県出身
鈴木亮平  兵庫県出身
谷村美月  大阪府出身
高須璃香  大阪府出身
玉山鉄二  京都府出身


とそれぞれが無理のない関西弁をしゃべり、阪急電車のブランドイメージを肌身で知っている役者であり、特に、戸田恵梨香と阪急電車の相思相愛感はおそろしく自然だった。

またオマケに主題歌は阪急沿線で育ち「三国」などの曲もかいた阪急電車に思い入れの強いaikoを起用している。

そして、このキャスティングのこだわりは見事に成功している。

人はそれぞれ皆
いろんなやりきれない気持ちを抱えて生きている
死ぬほどつらいわけではないけれど
どうにもならない思いを抱えて生きている
そして、その気持ちは誰にも言えないのだ


中谷美紀が雑踏でそうつぶやくとき
こういう思いは誰もがどこかで感じている感情だなと思う。

このビリヤードの球のように偶然ふれあう登場人物たち
片道15分の往路と復路で、すべての感情はふくらみ、なんらかの解決はしていくが
根本的には何も埋まっていないのだが
それを受け入れる明るさはそれぞれが持ち得ていく。

宮本信子の存在も大きい。
宮本信子と芦田愛菜のこの組み合わせはゾクゾクするほど人生だった。

勝地涼と谷村美月
玉山鉄二と有村架純のカップルの初々しさ

これを見ると、「阪急電車」を書くきっかけとなった
手をつないで眠りこけているカップルの光景に妄想を加えていくという
初期のコンセプトは充分満たされているように思う。

作家の有川浩は映画化に対して題名の「阪急電車」は守っていただいて
後は映像のことなどですべてをまかせる、口だししない姿勢を貫いたとのことで
清いなと思った。
唯一、手を出したのは、車内撮影の時、電車を揺らすのを手伝ったと(笑)
脚本は「おっぱいバレー」「いま、会いにいきます」の岡田恵和。
監督も大阪府出身の草の僕シリーズ、「結婚できない男」の三宅喜重。

そりゃ、こんないい映画ができるはずだ。

そして、この今津線沿線そのものが1995年1月の阪神大震災の被災地であったことを思うと、これほどの希望はないのではないかと思う。戸田恵梨香も6歳の時、実際に被災している。










2011年04月24日

マジすか学園2の風景は心の現実かも

majiあまりにもいろんなものを受け入れすぎたため、パニック状態になり、何も見たくない、何も言いたくない、ことになって、ひたすら睡眠に逃避している自分がいる。夜中に目が覚め、たまっているTV録画を見ようとしたが、気が進まず、再び寝ようとしたが、Youtubeで大阪ではまだ放映されていない「マジすか学園2」の2回目を見始めた。

死んだはずの大島優子が実は三つ子だった。に吹いてしまった。

無茶苦茶だなと思ったが、W松井の格闘シーンを見ていて、「マジすか学園2」の構図は浮いたフィクションじゃないなという気がしてきた。

マジ女卒業生組は、おそらく今後のAKB卒業生組だろうし、前田敦子とおたべのラインは優等生組だし、死んでも死にきれない大島優子の位置も今のAKBの何かを表している。敵にまわったシブヤ、ネズミとセンターのてっぺん取りも単なる架空のストーリーで生まれたものではない。

「マジすか学園2」は裏AKBの心象風景でもあるなと…これは面白い。またAKBが裏AKBを演じることによって、フラストレーションは解消されて、AKBの活力にもなるという構造になっていることを企んでいる秋元康もさすがだかと思った。

アイドルの裏側も管理している。

そして、見ている方は表と裏を同時にみせつけられることによって、リアリティあるアイドルとして、余計に応援したくなる…。

心が沈没している時も、最後まで見てしまった「マジすか学園2」。これは異質だ。

前田の「マジ」探しも普遍的なテーマだ。

私の「マジ」はどこにあるんだ?

「マジすか学園2」は裏サイトのようなドラマだ。世の中が嘘をつけばつくほど、その需要は高まる。そして、ヘルマン・ヘッセの小説が時に登場するように、真摯な裏サイトだ。

心が病んでいるほど、この世界は綺麗に見える。自分にはかなり綺麗に見えるので、自分はかなり病んでいるんだろうと思う。ことはわかっている(爆)


このブログの「マジすか学園2」の関連記事↓

マジすか学園2でマジにスタートしていく

tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング