2007年12月

2007年12月31日

大画面時代におこった小画面の勝利

15b77e97.jpgテレビでも、ネットでも、この一年を振り返ってのニュースが花盛りの年末ですが、この一年、やっぱりムーブメントとして印象的なのは「ニコニコ動画」「初音ミク」というか、YouTube系の勢いですね。

大前研一さんの書くものにあまり同感したことがないのですが(笑)、「YouTubeというマーケティング手法」という記事にたまたま触れて、そうだよなと共感してしまった次第です(笑)この記事で、えっ!と思ってしまったのは、大前研一さん自ら『わたしは YouTube がサービスを開始した当初からAlexa.comやGoogle Counterを使ってアクセス数をプロットし、同時にトラフィック、世界のどの地域からのアクセスが多いかを観察していた。すると2006年の6月に入って、日本からのアクセスが急増したことが分かった。地域的には東京都北区がトップである。都市在住の高校生たちが、「わたし、○○のビデオ撮っといたから見てみて」といった仲間同士のやり取りに使い始めたのだ』という箇所だった。

このレベルの人が、Alexa.comやGoogle Counterを使って、マーケティングしている(爆)しかも「YouTubeというマーケティング手法」の記事にいたっては、まったく異論がないほど、正確に記事を書いている(笑)ことだった。「PS3」vs「Wii」の勝敗も『このようにして YouTube は1年足らずでマーケティングのあり方を一変させてしまった。それはもはや不可逆的な社会現象であり、一般消費者を対象とするすべての企業は、この新しいネットメディアへの対処法を、真剣に考える必要に迫られている』というくだりも『また日本では役所やテレビ業界が地上デジタル、大型フラットスクリーンと、消費者の動向を無視した一方的な未来図を描いてきたが、YouTube による「小さな画面の興奮」の方がどうやらインパクトが強いということも明らかになってきている』という結論もまったくその通りなんですね。

ニコニコ動画や初音ミクとかは、マスメディア系から見たら、ふざけた戯言かもしれませんが、この小さな画面のコミュニケーションツールは、今までになかった感情の同時性を実現しています。大画面の興奮はスポーツや音楽のライブでしょうが、それも送られっぱなしの状態で、小さな感情を弓矢のように飛ばせるのは、小さな画面のコミュニケーションツールの方。それの素であるYouTubeをGoogleが買収した意味も今になればよくよく納得です。

世界のドラマを同時的に見られる、世界の出来事を同時的に見られる、見逃したものをいつでも見られる、それを加工したものをみんなで楽しめる、『見る』という行為は、やはり受動オンリーではどこか不完全燃焼をおこします。昔、ソニーの出井さんが、『人間というのはものぐさなもので、ただ単に流されるてくるものを見ることにも快感があるのだと』と意味のことを何かで書かれてましたが、どうやら、時代はそうでもない方向に進んで行っているようです。主体あっての『見る』。小さな画面ほど、主体の存在感を増大させてくれます。(主体なんかどうでもいい時代が映画大流行時代でしょうか)ということで、ワンセグも大画面とは対極に、便利さとは違う意味で需要はますます増えるのではないでしょうか。って私が言わなくても当然なんですけどね(笑)

2007年12月28日

プリキュア5の新シリーズ決定!!…変身追想論

4d59287f.jpg先日、ヨドバシカメラ梅田店で、「Yes!プリキュア5」の超人気ぶりを目の当たりにしました。クリスマス前には、プリキュアのコーナーには他店にないほど、あらゆる商品がてんこ盛りにあったのに、クリスマス後、同じコーナーを訪れると、あらゆるものがもうないのです!!あれほどのものをクリスマスだけで売り尽くしてしまったのか!!これはマーケティングレベルの指数を超えていて、ヒットした時の異常値に出くわした時の驚きに唖然としてしまうほどです。

現在の「Yes!プリキュア5」は2008年1月末で終了ですが、前回のクリスマス編では、のぞみとココの別れの決意にウルウルしてしまいましたが(笑)、なんと2月3日から始まるプリキュア新シリーズ「Yes!プリキュア5 GO!GO!」は現状キャラは継続、新キャラが増え、舞台がローズガーデンになるということらしいのです。ナイトメアを倒し、ココとナッツとプリキュア達は別れることになり感動の終結を向かえるわけですが、新シリーズではのぞみ達に新たな刺客が現れ、ココとナッツ(ミルク)は再び、のぞみ達を助けるべく駆けつけ再会することになるのです。あぁー良かった良かった、というか、日本の親達は、キャラそのものが変わらないことにホッとしたのではないでしょうか。だって、キャラがガラッと変われば、いままでのグッズ、おもちゃが古いモノになってしまうから(爆)

というか、キュアブラック、キュアホワイトの「ふたりはプリキュア」から進化してきての「Yes!プリキュア5」はあまりにも完成度の高い作品だと思います。「ふたりはプリキュア」はドイツ、イタリア、アジア各地で放映されていますが、もし「Yes!プリキュア5」が放映されたら、世界はびっくりするのではないでしょうか(ちょっと大袈裟かも・笑)

プリキュア5のカラーマーケティングも凄いんですが、象徴が「蝶」になったところが意味深だと思うんですね。ハイビジョンで見る、プリキュア5エクスプロージョンの大技は、大人が見ても「おおっ」というバタフライ武器ですが、プリキュア5になって、この人気の秘密が、スーパーバタフライを見ていて、わかったような気になりました。(複雑系のバタフライ効果を彷彿させます・笑 バタフライ効果の源講演タイトル=ブラジルでの蝶の羽ばたきはテキサスでトルネードを引き起こすか)

仮面ライダーを含め、「変身」というのは重要なキーですが、なんで幼児、少年少女達は変身することに、こんなにも魅力を感じるのでしょうか?

それは、今の自分から変わりたいから…というような単純なものではなく、遺伝子に組み込まれた、変身経験の想い出を追想しているような気がしてなりません。

人はいろんな形態を経て人になっていったと思いますが、大きな目で見れば、子供という段階は、昆虫でいうと青虫やさなぎの状態で、変身することで大人へと成長する前の段階。仮面ライダーも昆虫ですが(笑)プリキュア5でいうと「プリキュア!メタモルフォーゼ!!」は、次の段階へ大きく羽ばたく力で、子供達は、無意識に次の段階へ行きたい欲求(記憶)を強く持っているのではないでしょうか。プリキュア5の蝶はメタファーとしては超最適で、変身願望を強く満たすものとなっているように思います。何故そう思ったかなんですが、ストーリーのわかってる3歳半の長女の方は当然かと思うんですが、1歳ちょっとの次女のTVへの視線を見ていると、変身するシーンの時に、本当に目がキラキラ輝いて、うれしそうに微笑んでいるのです。これを見た時、無意識に、衝動的に変身することに凄く快感を得ているのだなと…これは理屈ではなく、遺伝子そのものに変身への想い出というか、変身した時の快感が強く残っているからではないかと思うのです。これも大袈裟ですが(笑)

それはなんとなく生命の大いなる力みたいな。そういう意味でもプリキュア5は、幼少女達を強く励ましているいいアニメではないかと思うのです。

冷静に見れば、東映・朝日・アサツーディケー・バンダイにうまくやられてるのかもしれませんが(爆)プリキュア5については、それを知りつつも何か、エネルギーが湧いてくるものとなっており、ディズニーの「リトルアインシュタイン」のような変な教育アニメより、プリキュア5の情動的なものの方が、実は幼少女の心を和らげるものとしていいのではないかと思います(笑)そんなにプリキュア5を擁護してどうするつもり???

それより、ピンキーが54個揃い、あと一つとなった「Yes!プリキュア5」。残り1月の放送をじっくり感動的に見ることにしましょうか。おそらく最終、デスパライアを倒す武器は、やはりプリキュア5エクスプロージョン!!そしてのぞみとココは…こまちとナッツの恋の行方は…うぅ、何を書いてんだかミル(爆)大きなお世話役だわミル(爆)

このブログのプリキュア5関連記事1

このブログのプリキュア5関連記事2

2007年12月27日

テクノキッズクリスマス



おばあちゃんに買ってもらったサンリオ・シナモンのドラムマシーンを組み立てるとすぐに演奏を始めた二人。この映像は、その時のものです(笑)しかし、幼児向けとはいえ、昔持っていたYAMAHAのDX100セットのドラムマシーンよりも良くできています(笑)何故か、テクノサウンドやジャズ、ヒップホップなどいろんなビートが多彩なパターンで楽しめます。「Yes!プリキュア5」で攻撃的になっているこの二人には、叩く楽器がいいようで(笑)毎日、叩いています(笑)この調子だと、いつまでつぶれずにもつか、少し心配です(笑)


tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
月別マーケティング