2006年08月

2006年08月08日

自分の中の『インドインパクト』

4c5f29d0.gif話があちこち行きますが、今日、ハーバードビジネスレビューの『インドインパクト』が届いたので、その話を書きまふ。

現在、ハーバードビジネスレビューのバックナンバーで売り切れ状態になっているのが、この『インドインパクト』。今回、アマゾンの中古でやっと手に入れましたが、本屋に並んでた2005年半ば当時は、インドねぇぇぇという感じで買いませんでした。しかし、この間のイギリス出張時のインド人の多さと活達さがイヤに気になって、この雑誌が再び脳裏をかすめ、買った次第です。ちょっと前のブログでイギリスはインド人に逆支配されるだろうと、冗談で書いたのですが、それが、冗談ではどうやらなさそうです。

インドは、映画『踊るマハラジャ』にも描かれているように、未だカースト制がありますが、インド10億人のうちの富裕層は2割はいて、彼らの月収は100〜200万以上で、インド10億人のうち、英語を流ちょうにしゃべれる人間はなんと3億人はいるそうです。これは凄い。アメリカの人口よりも多いのです。インドというと、私たち日本人はすぐ貧民、貧しい方をイメージするのですが、確かに半数以上はそうですが、それの上の層の3割以上は、日本よりも遙かに裕福で文化レベルも高いのです。インドの3億人は、かなりのグローバルビジネス人なわけです。

例えば、インド人の商売上手な例は、イギリスでも何回も体験しました。インド料理屋で飲んでた時、テレビでクリケットの試合が放送されていました。それが珍しくて騒いでいた私たちに店員が近づいてきて、『イギリスは初めてですか?そのカメラであなた達を記念撮影しましょうか?』と気軽に言ってくるのです。彼らは私たちの飲むタイミングをもの凄く心得ていて、ちょうど欲しい時にサッと現れて、フードの宣伝もなにげにして、サッと消えていきます(笑)また、ヒースロー空港の免税店で酒を選んでいたら、イギリスしか売っていないシングルモルトウィスキーをススメ、2本だとこれだけお得になるといい、後でやってきたインド人の女店員が『あなたの買った酒は、本当にグッドチョイスだわ』と誉め、『いや、彼が選んでくれたんだ』と言うと『彼のグッドチョイスを受け入れたあなたが偉いのよ』と誉め誉め言葉を連発してくるんです。まだあります。インド人のタクシーに乗り、近くの地下鉄の駅まで行こうとすると、『君たちは4人いるじゃないか。地下鉄でロンドン市街に行ったら、40ポンド近くかかるよ、それならこのままタクシーで行って45ポンドにしといてやるから、このまま乗っていきなよ』とこう来るわけです。

そして、『インドインパクト』の特集記事を読むと、興味深いことが書いてありました。植民地支配されていた地域は支配国に、意外と好意的だという一節。ここではインド人は、イギリスに対して意外と好意的で経済的に育ててくれた国としてかなり好意を持っていて、イギリスに移住する人も多くいるとのこと。私たちはイギリスみたいな物価の高いところに移住するなんてバカバカしいと思うのですが、英語がフツーに話せる、グローバルビジネスを展開してて月収200万以上の彼らは、イギリスはいい国なんですね(笑)

植民地支配されていた地域が支配国に好意的なのはよくわかります。満鉄のあった中国の大連は、うちの嫁さんの故郷ですが(笑)かなり日本人に好意的です。『私のおじいちゃんは日本人に殺されたけど、今の日本人は好きだよ』なぁんて話を平気でされますからね。こちらは複雑な気持ちになりますが、インドのイギリスに対する感情も良く似たもんなんでしょう。これはフランスに対するベトナム、日本に対する台湾、イギリスに対する香港、これも同じようなものかもしれません。但し、植民地ではなく単なる占領されてた地域は反発が強いらしいんです。単に占領されてただけだから。植民地というのは、やはりその地域に同化して優しい感情も一緒に植えていくわけだから、そうなるらしいですね。

あと、『インドインパクト』には1820年当時のGDP比較表があって、中国が1位、インドが2位、日本が5位、なんですが、古代文明開花から産業革命が起こるまでは、中国とインドが世界をリードしていて、アメリカ、ヨーロッパなんて、たかだか、ここ200年と主張するわけです。近代文明が崩壊して、中国・インド復権の時代になって、当然と、こういうわけです。しかも5年後にはインドが中国の人口を抜き、BRICsの中でも中国も終わってインドの時代が来る。なんかそういう構図らしいですが(笑)ある意味、このインドはあなどれませんね。

あと、マッキンゼーの社長が2005年まで10年間、インド人だったこと、『コアコンピタンス』の共著者の一人がインド人であったこと、マーケティングやITの世界でいかにインド人が活躍しているかとか、優秀な大学やスクールでいかにインド人の合格率が高く、インド人ばっかりにならないように苦労してるかとか……

インドって、もの凄く合理的でしょ。手で食べるってすぐ野蛮なように言うけど、手を洗うだけで食器を洗う必要がない、器だってバナナの皮で、ポイして終わり、皿を洗う必要がない、エコでもある。よく考えられてますよね。

ちょっとね、短い期間の出張だったけど、ホント、インド人のインパクがあまりに強く、なんかしらないけど、自然と調べまくってる自分がいます。イギリスに行ったのに、インド人のインパクトにやられた(爆)そういえば、上海でもインド料理屋が急に増えてて、間違って入ったインド料理屋のにいちゃんは、行くべき所の場所を丁寧に教えてくれたりもしました。

インドってすげぇ、日本人もビックリ!!です(笑)カレーに感謝(笑)

2006年08月06日

HIGH TECH SOUL/ハイテックソウル 映画&DVD

7fad5f14.gif海外出張の話を続けていこうと思っているうちに、なんだか中国・蘇州編は、湿度85%の暑いだけの思い出しかなく、クラブ系のニュースもあることだし、また上海の話なんかは後々に入れていこうかと思います。

最近、クラブ系の話が少なくなってきた原因の一つに、4月に目眩の精密検査を大学病院で受けた折り、『大音量による鼓膜の破れがあり、低音が聞こえにくい難聴の兆候がある』と指摘されたことがありまふ(笑)

これには思いあたるふしがいっぱいあり、イベントでは音の振動で内臓が揺れるぐらいの場所に良くいたし、CDなど、ありもんの音楽を聴く時は密閉型のヘッドホンで大音量で聞いていたため、最近、iPodなどによる難聴が話題になってますが、自分もそんなんだろうなと。それで医者が『そういう生活習慣をやめたら、現状で維持できるし、回復はしないけどね、これからも続けるなら、さらにその次の域の音が聞こえづらくなるよ』と脅したものですから(笑)しばらく音楽からは離れていたのです(笑)しかし、ルフトハンザ航空のクラブラジオを無理矢理聞いてて、帰国してから、やはり、多少は犠牲にしても、やっぱやめられないねということで、最近また、iPodも使用しております(笑)

それで、8/10には大阪・心斎橋・鰻谷『sunsui』にDJ3000が新アルバム『Migration』ツアーで来るみたいだし、それは第二子が生まれる予定日で、おそらく行けないのですが、イベントスケジュールなんかも睨むようにはなってきました。『Migration』ってまた意味深なタイトルで、この人タイトルの付け方が上手いですね。

それで、今日の8/5からは、シアターN渋谷でデトロイトテクノのドキュメント映画『HIGH TECH SOUL/ハイテックソウル』の上映が始まっているみたいで、まぁこれは、上映最終日の8/25にDVDが出るので、それは予約しました(笑)デトロイトテクノ系では、随分前に、『モジュレーション』というDVDにもなっているいい映画があるのですが、また違った角度でいいのかもしれません。公式サイトがあるので、『HIGH TECH SOUL/ハイテックソウル』に文字リンクしておきます。まぁ、これは、サブマージのライブインジャパンDVDとあわせて、デトロイトテクノファンにとっては、たまらないDVDです。

しかし、暑いですねぇ。ブログタイトル通り、大豆ペプチドは飲み続けておりまふ。夏バテ予防というより、最近は二日酔い対策になってまして(笑)この間は仕事関係で結構飲まされて(笑)やばかったのですが、ペプチドラゴン2本でなんとか凌ぎました(笑)

地球温暖化って、冗談じゃないですね(笑)結構、世界中で危機的な状況だと思うのですが、やっぱ人って、経済性をとるみたいで、これからもどんどん暑い地球になっていくんでしょうね。なんともしがたいというか、無責任というかね。たいへんな未来になりそうでやんす……





2006年08月04日

亀田試合に見えたメディア論

47429e7e.gifおおよそは、世間一般で言われている声に同調ですが、この試合、別の視点からいろいろ関心があったので書いておきます。

八百長かどうかは空手、柔道、剣道などのある程度の有段者はわかると思うのですが、呼吸を真剣によんでいるかどうかですぐにわかります。要は『人は息を吸っている時は動けなく、吐いている時と止めている時だけが動けます』人間って、単純な構造です。相手の呼吸さえよめれば、どんなジャンルの格闘技でも勝利に近づきます。私の場合は剣道の有段者ですが、相手が息を吸っているタイミングとわかると、どんな真正面からでも面をキメる自信があります。どんなに防御しようがマサに吸っている時は何も動けないのです。強い相手ほど呼吸をよむことが難しくなります。剣道の日本一を決める試合なんかを見ると、お互いほとんど動かずナンジャアリャと思うでしょうが、そのレベルになると技より呼吸のよみあいなんですね。どのジャンルでもある程度の実力者はこのことを知っているので、マジで勝とうとするとこのことを自然にやっています。ボクシングもしかり。亀田の相手が、それをやっていなかったことは歴然ですので、真剣に勝とうとしていない。つまりは世間の声の通り、明らかにガチンコじゃないんです。

まぁ、ショーなんでそれはいいとしても、もっと関心があったのは、亀田伝説の作り方でした。これはブランド論にも応用できます。現在の『戦略シナリオ』の組み方をはかる上で生で検証ができるいい機会でした。

亀田伝説には、太いシナリオが内在しています。それは『失われた親子愛』『失われた兄弟愛』『失われたハングリーな闘争心』すべて今の日本には欠落したものをこの亀田ファミリーは持っていることになります。この失われたものを見たさに亀田ファミリーはどんどん人気を高めていった経緯があります。そして、TBSのようなテレビ局が商業まわりとタイアップしてこのシナリオを太く太く構成化していきました。昔のロランバルトの言う垂直的な『神話化作用』が発生していきました、というか、紡いでいったのです。

しかし、時代を間違ったというか、今はマスメディアが『神話化作用』やブランド化を演出して成功する時代ではないんですね。また、極端なことを言えば、『失われたものを』単純な夢で取り戻せるほど単純な時代ではないんですね。そんなロマンチシズムがやすやすとつくりあげれる時代ではないんですね。みんな、失われて、取り戻せないでいて、どうしようかと途方にくれてる時で、途方にくれながら自分なりのスルーの仕方を自分で学んでいるという時代。TBSのように、失われたものがここにある、これをお手本に現代人は亀田ファミリーから得るものは多くある、という図式には残念ながらなりませんのです。

今回、マスメディアの垂直的な『神話化作用』に大きな反作用の声としてインターネットメディアの素早い水平的な意見が多く表出しました。

ヤフーの投票。

朝刊の出る前のwebニュース

2ちゃんねる

抗議のメール

今回の反応でよく見えたのは、多くの人が亀田ファミリーに期待していたのは、『失われた親子愛』でもなく『失われた兄弟愛』でもなく『失われたハングリーな闘争心』でもありませんでした。この灰色のやるせない世の中で『ピュアなスピリット』を見たかっただけだったのです。亀田ファミリーに期待されていたのは、『純粋にまっすぐに生きていく誇らしさ』だったのです。それがあの結果です。そりゃ、みんな怒りますわ。亀田ファミリーの伝説化の戦略シナリオは、その設定の甘さにもろくも崩れました。大変です。これは。根本が崩れたのですから。といいますか、最初から商売っ気たっぷりで、戦略的ではなかったのです。

パチンコ『亀田三兄弟』をつくりたい意欲だけはよく見えます(笑)

今になって、亀田三兄弟がテキストとしてしっかり持っていなければならなかったものがわかります。

それは、『美しい親子愛、兄弟愛、闘争心が失われている時代に、ピュアなスピリットで純粋に生き抜くファミリーが亀田ファミリー』この演出を徹底させなければならなかったのです。

TBSには、現実的に戦略シナリオをたてられる人間がいないという不幸もあり、スポンサーが集中していく中で、戦略シナリオをコントロールできなかったんでしょうけど、マスメディアの力を未だに不動のものだと思っているところに傲慢さがあります。

日本なんて、大衆をひとくくりにして煽れば、まだなんとかなる……とでも思っているのでしょう。

亀田三兄弟伝説の再生は、戦略シナリオの見直しからはじめなければなりませぬ(笑)

くどくど言うよりも、まず『まがったことが嫌いなんじゃ!!』を大声で吐ける立場になること。

『汚いベルトはいらん、そんなん親父も喜べへんからな』を大声で吐いて欲しい。

私は、大阪・西成の隣区に住んでますが、再開発がどんどん進んでいて、そんなハングリーな街でもないんですね(笑)

傷ついた亀田ブランドはこれからどうなるか、結構、彼らは好きで、楽しみなんですけどね。

tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング