2006年07月

2006年07月18日

China Townの山王飯店

84bc4ca2.gif旅というのは、逆流して書いていくのがやりやすくて、しばらく、逆流しながら書いていきやす(笑)

ロンドンのチャイナタウンは、北京&広東料理のような表示が多く、どっちやねん(笑)というか、まぁチャイナタウンがあるだけでもいいんですが、ローマ字表記を見ると、どこか日本人を意識してるような感じがして、なんとなく納得いかないまま、店を選び、山王飯店という、ちょっと小綺麗な店に飛び込みました。

90b9e3f6.gif

案の定、店のオーナーは私らが日本人であることを確かめ、紹興酒を頼むと、『JAPANESE STYLE』と言って、紹興酒をトックリに入れて、冷やして出してくれました(笑)なんかおかしいんですが、こちらも疲れ切っていたので、どうでもいいわと、トックリと御猪口で紹興酒を飲んでました。これって、海外でうどんを頼んで、豆腐が入ってるのと同じくらい違和感あるんですけど、確かに『JAPANESE STYLE』なんでしょう(爆)オーナーは日本語の練習をさせてくれと、いろいろ話しかけてきました。人の良さそうないいオーナーなんですけどね。味は本格中華とは呼べず、どの料理も同じような調味料で味付けした感じのシロモノでした。

cabarei

チャイナタウンに入る時と出る時に、思ったのは、チャイナタウン周辺のパブやバーが異常に人が多く、この辺の酒場の雰囲気が、いちばんロンドンで活気のある風景なのかなぁとも思いやす。SOHOの辺りは、ポンビキや猥褻ショップも多く、私自身、『お前さん、SEXしたくないかい』新潮文庫欧米小説風の訳(笑)と声をかけられたりしました。もし、YESと言ったら、どこに連れて行かれて何をするのか興味深かったですけど、丁寧に断りました(笑)

んまぁ、ですけど、ロンドンのチャイナタウンのどこかに、美味しい店もあるんでしょうけど(笑)

2006年07月17日

SUSHI NOODLE BAR 『太郎』

4df2f723.gifロンドンでの息抜きとなったのは、BREWER STREETのイカレタ兄ちゃんのやってたパブと、SUSHI NOODLE BAR『太郎』でした(笑)

特にSUSHI NOODLE BAR『太郎』-61 BREWER STREET,LONDON W1-は、メニューも多く、そりゃ日本の味よりは落ちるけど、日本人のオーナーということもあって、味噌ラーメンと餃子はそこそこ美味しかったです。案の定、高いけどね(笑)しかし、『太郎』はメニューがかなり多い。うな重(8.8ポンド)まであり、SUSHIメニューは、握り各種(SUSHI A LA CARTE)、巻きずし各種(ROLLED SUSHI)、手巻き寿司各種(HAND-ROLLED SUSHI)、ラーメン、丼ものなどかなりたくさんメニューがあって、ちょっと、日本食に戻ってみたい時には、いいかもしれません(笑)ばかばかしく高いけど(笑)

それで、この『太郎』の向かえが『ありがとう』という日本食のミニスーパーで、日本で売ってるあらゆる食品が置いてありました。レジを打ってるのは日本からの留学生でした。それで、この辺の地理関係やら、お店を教えてもらったのですが、『ありがとう』を出て歩いていると韓国の女性二人が、この『ありがとう』という店がどこにあるか訊いてきました。なんかよくわからんけど、教えてあげましたけど(笑)

とにかく、私の場合、郷に入れば郷に従えきれず、必ず、後半、日本食を探してしまいます(笑)ロンドンにこういう店は、たくさんあるのでしょうけど、お客さんが白人が多く、店員は中国人ぽかって、なんか、よくわからんのですけど、『太郎』については、非常に助かった気分でいっぱいでした。もう好んでロンドンに行くことはないけど(爆)もし、ロンドンに行かざるをえなくなって、日本食が恋しくなったら、立ち寄ってみてください(笑)『太郎』2号店もオープンしたらしいです。

『太郎』の周辺は、日本人みたいなのがやはり闊歩していて、若い男女3人組が日本語で『お茶漬けも作るから、私の部屋にも来てくださいよ』と女の子が男の子にしゃべっていました。服装がロッカーみたいな感じだったので、なんか違和感があったのですけど、みんなこういうところに来ると、そういう心境になるのかなぁと…。

その言葉が異様に耳に残ってて、帰国後、鮭茶漬けと梅茶漬けを食べてしまった私でした(笑)

2006年07月16日

エロスの像を横切って

693d75e9.gif7/9〜7/12まで、仕事でロンドンにいました。飛行機は、ルフトハンザで、Lufthansa Radioの6chのClub Mixという番組があったので、まだ少し気がまぎれましたが、とにかく10時間以上のフライトは、もうしばらくご免という感じです。

7/6〜7/8まで中国蘇州(湿度85%)と上海にいたので、それと比べると、気候的には気持ちよく、過ごしやすかったのですが、ロンドンというのは、UKクラブシーンもそうなんですが、なんか文化的には終わった感が強く、観光客にもなれず、エロスの像を横切って、バーガーキングの前を通り、SOHOの方の本当に成熟してタダレた街角に変に落ち着き、中途半端なチャイナタウンにため息をつき、ダラダラと人波に流されながら、やたら多いインド人に、フーッと再びため息をつき、自分にとってのイギリスって、どういう価値があったんだろうと歩きながら考えたりもしました。

自分にとってのイギリス。

一つは、XTCというグループ。ドラムの音を水平にへしゃげた初めてのバンドですが、彼らの歌のメッセージから、なんか凄くやるせない国なんだなぁというのが一つ。

二つめは、R.D.レインという精神病理学者。彼の場合は、理論だけでなく、患者と密着したカタチで、理由が明らかになるまで追跡解明していき、どちらかというと文才がかなりあったので、著作がすべて、なんか作品となっていて、かなりの愛着を持って学生時代読んでました。もう、その頃で、イギリスというか、ヨーロッパっていうのは家族関係が病んでいて、やはりツライ国なんだなぁという印象がありました。

三つ目は、やはり、レイブ発祥の国、というか、荒れに荒れたセカンド・サマー・オブ・ラブ。1988年頃に音楽的には沸点を向かえて、体制と大衝突しているんですね。今は、冷めた風呂の湯状態というのが、感じとしてはあたってるような気がします。

で、セカンド・サマー・オブ・ラブという大出来事が、日本だからたいしたことじゃなかったというよりも、これってある感性ラインの出来事ですから、ヨーロッパの人々にとっても、イギリスの人々にとっても全く関係なしというのが本当のところだと思います。そんなことがあった国だと意識して旅行しているヨーロッパ人は少ないだろうし、生活しているイギリス人も少ないと思います。

セカンド・サマー・オブ・ラブが残したものといえば、退廃的なテクノとドラッグの後遺症で、これを題材にした映画もいくつかありますが、特に面白くもなく陰鬱な気分だけが残る映画です。とにかく大暴動に近いレイブが吹き荒れても、伝統的なイギリスは、やはり伝統的な石づくりのまま壊れず、パッキンガム宮殿はあるし、やたら物価が高いままそこに存在する。なんかそんな意味もなさそうなエロスの像のところに座って、たむろしている人たちがたくさんいて、本当に意味もなくそこにいる(笑)

ただ実際ロンドンに行ってみて、わかったのは、セカンド・サマー・オブ・ラブに深いつながりのある、インドのゴアというか、インドというのは、イビザ島を経由しなくても、こんなにインド人があふれかえってるならば、全然不思議じゃないなぁと…(笑)。もちろんインド人とインド・ゴアで形成されたものとは別物ですけど、思った以上に、インド人が多く、アメリカのヒスパニックと同じく、イギリスはインド人に逆支配されているような(爆)勝手な印象を受けます(笑)

そういう意味では、新しいイギリスは始まっているのかもしれません(笑)。ロンドンにいるインド人は、レストランやショップで接した限り、かなり営業トークも商売も上手くフレンドリーで賢く、料理も旨く、フィッシュ&チップスを食べ、アル中の爺さんの多いイギリス人より、かなりウワテのような気がします(笑)

倒錯した性を黙認し、いまだよくわからん状態である王室。おみやげショップに並ぶダイアナ妃の顔写真の入った皿の数々、それは、中国のおみやげショップに並ぶ毛沢東のグッズよりも、見ててとても悲しいものでした。ダイアナ妃が逃げ出したかったのは、王室だけでなく、イギリスそのものから逃げ出したかったのか……EUといいつつ、ユーロ通貨ではなく、ポンド通貨を当たり前のように使うイギリス。やっぱ、日本と同じ、島国なんですね(笑)

郊外の家々には必ずといっていいほど煙突があるのに、法律で暖炉を使うことは禁止されているロンドン。この不合理さが、なんとなく、なんとなく、ロンドンなのかなぁと。

まぁ、短い間で感じたものですので、なんとも言えませんが、インターネット環境はすこぶる遅れている国でございました。

tora7
snafkin7
30数年広告畑で畑を耕しています(笑)コピーライターでありながら、複雑系マーケティングの視野からWebプランニング、戦略シナリオを創発。2008年2月より某Web会社の代表取締役社長に就任。snafkin7としてのTwitterはこちらからどうぞ。Facebookはこちらから。
最新コメント
月別マーケティング